【体験談】妊娠中は歯周病や虫歯になりやすいのは本当だった!

2017/07/10 13:00
妊娠をしてから、口腔内環境の変化を感じました。ブラッシング中に歯並びの悪い前歯の歯茎から出血。今まで通りにケアをしていたはずが、歯周病を発症してしまったんです。妊娠中に増える女性ホルモンは歯周病菌の増殖を促す作用があります。まず歯医者さんから勧められたのはフッ素やキシリトールが配合された歯磨き粉を利用することでした。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
歯磨き・虫歯予防
生活習慣
体験談

 

ブラッシングでは除去できない歯の汚れは、歯科医でないと除去できませんよね。虫歯や歯周病を予防するためにも、定期的な通院は欠かせないと感じています。ところが、妊娠をしてからブラッシング中に歯茎から出血。口腔内環境の変化を感じた体験をお伝えします。

 

定期的に歯医者通院をしていたけれど

私は妊活を始める前から半年に一度のペースで歯科へ通院しています。歯茎の状態チェックをはじめ、付着した歯の汚れを除去してもらっています。おかげさまで良好な口腔内環境を保つことができ、私にとって歯科検診は欠かせない習慣になっています。

 

ところが妊娠をしてから、口腔内環境の変化を感じました。ブラッシング中に歯並びの悪い前歯の歯茎から出血。今まで通りにケアをしていたはずが、歯周病を発症してしまったんです。

 

妊娠中は虫歯や歯周病になりやすい

歯科へ通院した際に先生から教えてもらったのが、妊娠中は虫歯や歯周病になりやすいということです。妊娠中に増える女性ホルモンは、歯周病菌の増殖を促す作用があり、妊娠をしたとたんに歯周病を発症するケースも少なくないとか。

 

つわりの影響で口腔内が酸性に傾き、虫歯にもなりやすいそうです。出血の処置は、歯の掃除を行ったあと、出血を起こしている部分に塗り薬を塗って処置をしてくれましたよ。


妊娠中に実践したデンタルケア

妊娠中は口腔内のトラブルが起きやすいことを知り、いつも以上にデンタルケアを意識しました。先生からすすめられたのは、フッ素やキシリトールが配合された歯磨き粉を利用することです。

 

フッ素は細菌の増殖を抑え、歯の石灰化を促してくれます。キシリトールはフッ素の働きを助けてくれるそうですよ。また、つわりでじゅうぶんなブラッシングができないときは食後に水やお茶を飲むといいと教わりました。

 

 

歯の治療を受けるタイミングは妊娠時期によって異なりますが、適切な治療は必要だと思います。受診の際は必ず妊娠中であることを伝えましょうね。(TEXT:ママライター田中由惟)


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。