マンガ

簡単にできる胎教!絵本の読み聞かせ

7

 

赤ちゃんのためにも胎教にいいことをやりたい!って思うけど、具体的に何をしたらいいのかわからないママ必見です。

 

続きを読む

胎教は絵本一冊でできる!

胎教をしてみたいと思っても、なにをしたらいいのか迷うこともありますよね。「おなかの赤ちゃんに話しかけるといい」と耳にしたことがあっても、何を話したらいいのかわからないママもいらっしゃると思います。また、これから出産があるからお金もそんなにかけられない…という方にとっておきの方法があります!それが、「絵本の読み聞かせ」です。読み聞かせなら、言葉に迷うこともありませんよね。また、準備するのは絵本一冊だけ。気軽にできちゃいます。絵本なら、出産後でも生まれてきた子供と一緒に楽しむことができます。胎教のためだけに使うものではないので、長く使うことができるんです。では、絵本の読み聞かせに必要なことを見ていきましょう。

 

ママがリラックスすることが大切

絵本はまず購入するよりも、まずは図書館で借りてみるのがおすすめ。図書館の司書さんも相談すれば、妊婦さんにおすすめの本を教えてくれますよ。特集を組んだ棚を作ってあるところも多いです。大切なことは、ママがリラックスできたり、楽しんだりできる本を選ぶこと。読み聞かせしやすい本を選んで、ママの声をゆっくりと赤ちゃんに聞かせてあげましょう。読みたい絵本が準備できたら、いよいよ読み聞かせですが、無理にすべて読む必要はありません。読み聞かせの目的は、ママの声をおなかの赤ちゃんに聞かせてあげること、コミュニケーションを取ること、そしてママ自身が「優しい気持ちになる」ことです。絵本を読んでいるとママ自身が童心に戻ったり、大人になるにつれて忘れていた大切なことを思い出すこともあります。「子どもにこんなことを教えたい!」と思える本に出会ったら購入して、子どもが産まれた後にも読み聞かせしてあげましょう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。