子連れで電車移動、どうしてる?現役ママが配慮していること

2017/08/18 22:00
電車移動で配慮していることをご紹介します。ベビーカーを持って行楽移動する場合「通勤ラッシュを避ける」「長時間乗るときはベビーカー専用スペースに止める」ことにしています。長時間、電車に乗るときは、事前に子どもを公園で思いっきり遊ばせたり、駅までゆっくりお散歩したりと、体力を使ってから電車に乗ります。エレベーターがない場合、ひとりでも階段を上がれるように、いつでもおんぶができるよう自宅で練習しました。
カテゴリ│
イベント
中カテゴリ:
お出かけ
体験談

 

みなさんは、子どもと電車でお出かけをする際、まわりに迷惑がかからないようにどのような対処をしていますか?筆者はふだん、生活圏は車を使いますが、子どもと都心まで行くときは安全面を考えて電車を利用します。今日は、筆者が小さい子どもと電車移動する際に配慮していることをご紹介します。

 

電車移動の際に心がけている基本のキ

私には4人の子どもがいて、長年にわたって子連れで電車移動をしてきましたが、いまだに緊張します。ネットでも、「電車内にベビーカーを持ち込む親は配慮が足りない」と非難されることも多いですよね。

 

当たり前の対策として、「移動の際は通勤ラッシュを避ける」「長時間乗るときはベビーカーを専用スペースに止める」ことを心がけています。専用スペースだと親の気分も楽なうえに、大きい窓から外がよく見えるので子どももよろこびます。専用車両を調べていくと安心ですね。

 

電車に乗る前の準備も入念に!

長時間、電車に乗るときは、事前に子どもを公園で思いっきり遊ばせたり、駅までゆっくりお散歩したりと、体力を使ってから電車に乗ります。

 

また、駅前で食べやすいおやつとお茶を購入し、食べてから電車に乗るとだいぶ落ち着いてくれます。すると、わが家の息子の場合、そのまま電車で眠ってくれる確率が高いです。眠らないときは自宅からこっそり持ってきたお気に入りのおもちゃを渡し、静かに遊ばせています。


都内のエレベーター対策も!

また、都内の駅にはエレベーターがないことも多く、構内も複雑ですよね。駅にエレベーターがない場合、駅員さんが手伝ってくれることもありますが、なるべく自分で階段移動できるように心がけています。

 

そんなときに役立つのが抱っこひもです。抱っこやおんぶをしてからベビーカーを持つようにしています。おんぶの方がかさばる荷物をしっかり持てるので、私はいつでもおんぶができるように自宅で練習しました。

 

 

子連れでの電車移動は、時間の余裕も大事だと思います。大泣きしたときは途中下車をする、エレベーター移動をするために乗り継いで遠回りすることもあります。最低限のマナーは守って電車を利用したいですね。(TEXT:ママライター武山あゆみ)

 


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

イベントの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。