【離乳食のギモン】赤ちゃんは生クリームをいつから食べられる?

2017/08/14 19:00
8
赤ちゃんが生クリームをいつから食べられるかについてお伝えします。離乳食期に生クリームは控えた方がいいというのが私の考えです。できれば、幼児期以降に使用してください。生クリームには動物性と植物性があります。動物性は牛乳の脂肪分でできていますが、植物性は油を加工した加工品。3歳以降になって生クリームを食べるようになっても、「純生クリーム」と書かれたものを使うといいですね。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
食べていいものダメなもの

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食が進むにつれ、さまざまな食品を食べられるようになってくる赤ちゃん。離乳食作りの幅を広げてくれる食品のひとつに、乳製品があります。

 

牛乳、チーズ、バターなどの乳製品は、離乳食の風味や味の決め手になる食材でもあります。料理やケーキをおいしく引き立ててくれる乳製品。なかでも乳製品の生クリームは、赤ちゃんはいつから食べられるのでしょうか?

 

赤ちゃんは生クリームを食べられる?

離乳食期に生クリームは控えた方がいいというのが私の考えです。できれば、幼児期以降に使用してください。控えたほうがいい理由として、いちばんに挙げられることが、生クリームには油脂が多く含まれているということ。

 

内臓が未熟な赤ちゃんに負担をかけてしまいます。離乳食期は別の乳製品で調理しましょう。赤ちゃんには生クリームではなく、牛乳やチーズなど別の乳製品の風味をつけてあげましょう。

 

 

選ぶなら動物性の生クリームにする

生クリームには動物性と植物性があります。動物性は牛乳の脂肪分でできていますが、植物性は油を加工した加工品。3歳以降になって生クリームを食べるようになっても、「純生クリーム」と書かれたものを使うといいですね。

 

幼児期以降に生クリームを使うときの注意点です。料理に使う場合は少量を心がけ、頻繁に使用しないこと。 油脂ということは、ふだん使っている油と同様に考えておきましょう。そう思うと少量しか使えないことが分かりますね。

 

 

バースデーやひな祭りなど、お祝いごとに手作りケーキを作るときには、ヨーグルトで代用するなどして楽しんでくださいね。

 


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。