【体験談】出産予定日を過ぎてソワソワ!8日後にはじまった私の出産

2017/09/17 22:00
わが子に会える楽しみのほうが、出産に対する恐怖よりも圧倒的に強く、「自分は痛みに強い方だから、ひょっとしたらあまり苦しまずに出産できるかもしれない」とまで考えていた私。そんな私の予定日を過ぎて出産に至るまでのエピソードをご紹介します。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
妊娠
出産
陣痛
病院
破水
吸引分娩

 

わが子に会える楽しみのほうが、出産に対する恐怖よりも圧倒的に強く、「自分は痛みに強い方だから、ひょっとしたらあまり苦しまずに出産できるかもしれない」とまで考えていた私。そんな私の予定日を過ぎて出産に至るまでのエピソードをご紹介します。

 

予定日を過ぎるとソワソワ!

初産は時間がかかると医師から言われてはいるものの、出産予定日を過ぎてもなかなか陣痛が始まらずあせっていました。夜寝る前に「今夜こそは陣痛が来るかな?」と期待しながら眠り、陣痛が来ないまま朝が来てがっかりする、という日々の繰り返しでした。

 

散歩をしてみたり、陣痛が来るというジンクスを試してみたりもしましたが、変化なし。いずれ赤ちゃんは出てくるとわかっていても、なかなか気持ちを切り替えることができずに悶々としていました。

 

 

予定日から8日後の夜中に突然!

予定日から8日後の夜中。「ジョワァ」と何かがもれたような感覚で目を覚ましました。「破水かもしれない」と感じ、電話連絡してから夫の車で病院へ。

 

入院準備のバッグのほかに、分娩室に持っていく飲み物、ペットボトルに取り付けられるストロー付きキャップ、いきみ逃しのテニスボールを小さめのバッグに用意していたので、すぐに出発できました。持参したバスタオルのおかげで、破水で車の中がぬれずに済みました。


出産を終えて思うこと

実際の出産は、想像を超える痛みと、うまくできないいきみで必死。「こんなに痛いのなら子どもは1人でいい!」もしくは「無痛分娩がいい!」と強く思っていました。その後、吸引分娩のおかげで、なんとかわが子と対面することができました。

 

ところが出産後、個人差はあるかと思いますが、私の場合は痛みのことなんてすっかり忘れてしまいました。現在、出産から1年、「2人目がほしいな、次も自然分娩で」なんて考えています。

 

 

出産前は不安になりがち、出産時は必死ですが、振り返ってみるとあっという間のできごとでした。出産を控えている方は、予定日をすぎてもあせらずに、リラックスして出産のときを迎えられるといいですね。(TEXT:ママライター白木愛)

 


  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。