実家まで電車で7時間!子連れでの長距離移動を乗り切る方法

2017/08/30 13:00
2
私の実家は電車と新幹線を乗り継いで7時間。子どもの負担や周りの迷惑を考えると2~3年に一度のペースで帰省しています。私一人で子ども4人を連れて帰省することもあるので、電車が空いている早朝6時台に出発するよう心がけています。新幹線では子どもたちが2時間静かにできるように準備をします。親族に頼れるときは、新幹線降車駅で待っていてもらうようにしています。
カテゴリ│
イベント
中カテゴリ:
お出かけ
旅行
体験談
帰省・里帰り

 

 

筆者の実家は、電車と新幹線を乗り継いで7時間ほどの距離にあります。子どもが4人いるので、移動に要する時間や子どもの負担、まわりの人への迷惑を考えると、頻繁には帰省できません。そのため、2~3年に一度のペースで帰省しています。今回は、わが家が帰省するときに実践した、子連れでの長距離移動を乗り切る方法をご紹介します。

 

出発は早朝にする

わが家の子どもたちは、とにかく早起きで朝が強いほうです。そのことをうまく利用し、電車が空いている早朝6時台に出発し、移動するように心がけています。

 

夫も一緒に帰省できるときもあるのですが、仕事柄休みも少なく、私一人で子ども4人を連れて帰省するときもあり、まわりに迷惑がかからないよう、注意を払っています。時間にゆとりを持って出かけることで、気持ちも楽になり、移動中も楽しめることが多いですよ。

 

新幹線では好きな本で乗り切る!

新幹線では寝ている方もいるため、車内で2時間は静かにできるように準備が必要です。わが家の場合、新幹線に乗る直前に本屋に寄り、一人1冊、好きな本を購入しています。付録つきの本はおもちゃやシールが付いているので親子で楽しめますよ。

 

途中で飽きてしまったときの奥の手で、車内販売のアイスもおすすめです。車内販売のアイスはとてもかたくできているようで、服を汚すこともなく、時間をかけてゆっくりおいしく食べられました。それでも騒いでしまったらすぐに通路に移動しています。


やっぱり親族が頼りになる!

私一人で子ども4人を連れて帰省するときは、新幹線の降車駅で親族に迎えに来てもらっています。幸い両親が健在なので、実母が待っていてくれることが多いです。

 

「新幹線を降りたらばぁばがいるよ!」と、到着駅でなにかうれしいことが待っていると伝えると、子どもたちも「あと少し!」とがまんしながら座っていてくれます。さらに、電車に乗り換え、実家まで移動するのですが、実母がいるとやはり心強いです。

 

 

正直、実家が近いママ友がうらやましく感じることもあります。でも、実家に帰省するという当たり前のことが、子どもたちにとっては一大イベント。観光地に行くよりも、さらに楽しみにしてくれているのでうれしく思っています。帰省する際や長距離のお出かけをする際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。(TEXT:ママライター武山あゆみ)

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

イベントの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。