マンガ 体験談 特集

いまどきママのリアル調査!気になる「母乳育児」の実態

1
23

 

母乳は栄養面、免疫学的側面だけでなく、たくさんの利点があります。そのため、WHO、UNICEFをはじめ、わが国でも母乳育児をすすめるさまざまな動きがみられています。

 

このような動きのなか、子育てをしているママたちの実際はどうなのでしょう!?今回は、ベビーカレンダーがおこなったアンケート調査の結果と、平成27年に厚生労働省がおこなった乳幼児栄養調査の概要を比較しながら、授乳の実際についてお話ししたいと思います。

 

●回答者の属性

 

続きを読む

母乳で育てたいと考えているママは9割

平成27年に厚生労働省がおこなった乳幼児栄養調査の概要をみると、妊娠中に「ぜひ母乳で育てたいと思った」という回答は43.0%、「母乳が出れば母乳で育てたいと思った」という回答は50.4%。この2つの回答を合計すると、母乳で育てたいと思った方の割合は9割を超えていました。

 

一方、ベビーカレンダーのアンケートでは、“妊娠中にどのような授乳形態で育てたいと思っていたか”という設問に対して、「母乳で育てたいと思っていた」と回答した方は68.5%となりました。


厚生労働省の調査結果と比べると少ないように感じますが、「母乳でもミルクでもどちらでもよいと思っていた」25.3%の回答も合わせると、9割を超え、全国的な調査とほぼ同様の結果となりました。

 

●妊娠中にどのような授乳形態で育てたいと思っていたか

 

実際の母乳育児の状況は?

厚生労働省の調査結果では、生後1カ月の母乳栄養の割合は 51.3%、混合栄養は45.2%、ミルクのみは3.6%でした。

 

一方、ベビーカレンダーがおこなった“産後の授乳状況”に関するアンケートの回答を見てみると、「母乳のみ」が55.1%、「混合栄養」が40.7%、「ミルクのみ」が4.2%でした。


ベビーカレンダーの調査結果では、授乳の時期による比較はできませんが、50%以上のママが母乳育児をおこなっており、混合栄養のママも含めると95%以上のママが赤ちゃんに母乳を与えているということがわかります。

 

●出産後の授乳形態

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 母乳育児推奨派の方が、こんなにたくさんの方が母乳で育児しています、という意味を込めて記事を書いたのでしょうね。ですが、どうして母乳の方が良いのかは書いていないです(母乳の方がいいのは当然と言う目線でし… もっと見る
    母乳育児推奨派の方が、こんなにたくさんの方が母乳で育児しています、という意味を込めて記事を書いたのでしょうね。ですが、どうして母乳の方が良いのかは書いていないです(母乳の方がいいのは当然と言う目線でしょうか?)。現在1歳児を育児中ですが、こう言った記事を読んで悩まされました。ミルク多めの混合でしたが9割の人が母乳で育児しているのだと言う事実を見せられて、「やらなければならないんだ、母乳あげてないとおかしいのだ」と言う気持ちから半年まであげ続けていました。離乳食を始めた日に母乳をやめました。娘はミルクが大好きでしたからすんなりやめられました。その後も病気は全然していません。最初に戻りますが、こう言った記事は何の為にあるのかわかりません。ミルク育児の方は少数派だと言うことを知らしめて苦しめるための記事としか思えません。

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。