暮らし お金

【子どものお金のキホン】学費の積立に外貨建保険は有効ですか?

17

 

マイナス金利や保険料値上げの影響を受け、従来の学資保険やこども保険(以下、学資保険)でお金を増やすことが難しくなってきました。学資保険の販売を取りやめた保険会社や、満期までの継続をしても元本割れする学資保険もある状況です。

 

そのようななか、外貨(とくにアメリカドル)で運用する保険を学資保険の代わりに加入する人も増えています。この記事をご覧の人の中でも、すでに加入している人や保険会社の営業マンや保険ショップで提案を受けている人もいると思います。この外貨建て保険の主なポイントをお伝えしますので、ご自身に合うか参考にしてください。

 

続きを読む

1.将来の学費を保険で積み立てる理由

お子さんが産まれたら将来の学費に向けて学資保険の加入を考える方は多いと思いますが、将来の学費を保険で積み立てるには、主に以下の3つの機能を目的とします。

 

①教育費の積立(貯蓄や運用)

②毎月積立の強制(口座振替や給与天引きなど)

③親の死亡時の教育費確保

 

この3つを兼ね備えているのは積立機能のある保険ですので、今までは学資保険に加入する人が多かったのですが、マイナス金利の影響を受け、①の積立が学資保険ではうまくできないことも少なくないため、利回りの高い外貨で運用する保険(以下、外貨建保険)に加入する人が増えているという状況です。

 

しかし、①~③の機能をひとつの商品でなくてもいいと考える人もいます。①と②は、毎月の積立(定期預金・外貨預金・投資信託など)でできますし、③はかけ捨ての定期保険や収入保障保険などで対応できることもあります。学資保険にしても外貨建保険にしても①~③の機能をまとめたい人向けのものと考えるといいでしょう。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。