記事サムネイル画像

「え、先生が?」幼稚園にタオルを持たせるの忘れてしまったママ→すると先生が息子に衝撃発言を…!

「かぞくのかたち日記」第4弾。夫と息子の3人家族のきりぷちさん。育児中に起こった出来事をマンガで紹介します。

きりぷちさんは、ある日幼稚園から帰ってきた息子そうくんにあることを言われます。

「今日タオル入ってなかったよ」と言われ、息子に謝ると……。

息子の話にハッとして…

かぞくのかたち日記1

 

かぞくのかたち日記2

 

かぞくのかたち日記3

 

 

 

かぞくのかたち日記4

 

かぞくのかたち日記5

 

かぞくのかたち日記6

 

 

 

かぞくのかたち日記7

 

かぞくのかたち日記8

 

「自分で準備しなさいって先生に言われた」と言う息子。

きりぷちさんはこの発言で「もう自分でやらせないといけない時期なんだ」とハッとします。

 

赤ちゃんのころから、すべての世話をすることが当たり前でやってきた育児。

きりぷちさんは、「心配性のためつい手を出しすぎているかもしれない」と自分の態度を反省しました。

 

自分でできるようになるため、親はサポートする時期になったのだと気づきます。

 

きりぷちさんは少しずつ子どもと離れて、成長を見守っていこうと心に決めました。

ただ、息子が甘えてくるときはしっかり甘やかしてあげるきりぷちさんなのでした。

 

 

すべて世話してあげていた赤ちゃんのころから、気づけば自分でできることがどんどん増え、親の手から離れていく子どもたち。

育児は変化の連続ですが、子どもの成長の早さには本当に驚かされますよね。

 

幼稚園で先生に言われた言葉をきっかけに、自分の育児の姿勢を見直したきりぷちさん。

きりぷちさんのように、子どもの成長に合わせて自分の育児の姿勢にも目を向けていきたいですね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターきりぷち

    同世代の夫と息子(2018年生まれ)の3人家族。高齢出産のダメージを残しつつ、息子と走り回れるよう体力作りに邁進中。たとえ老眼になっても、息子の成長は見逃さない!!インスタで育児漫画を描いている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎