手づかみ食べの食材の大きさや形って?離乳食インストラクターが教えます

2017/09/03 17:00
12
この記事では、離乳食の手づかみ食べをするときの食材の大きさとやわらかさについて、保育士であり、離乳食インストラクターの中田馨さんが解説しています。

離乳食を食べる赤ちゃん

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食が1日3回になり、赤ちゃんが離乳食に慣れ始めるのが9〜11カ月ごろ(離乳食後期)。この時期以降に取り入れてほしいのが「手づかみ食べ」です。手づかみ食べには、自分で食べる楽しさを味わう、手指の感覚を刺激し発達を促すなどの利点があります。では、手づかみメニューとは具体的にどんな大きさや形、やわらかさにすればいいのでしょうか?

 

手づかみ食べにおすすめの大きさと形

手づかみにおすすめの大きさは、赤ちゃんの発達を見ながら、下記を目安にしてみましょう。

 

9〜11カ月ごろ(離乳食後期)……5mm

1歳〜1歳6カ月ごろ(離乳食完了期)……1cm

 

手づかみしやすい形は、サイコロ状・スティック状・団子状などです。お好み焼きやパンケーキを小さく切ったものも持ちやすいですね。

 

手づかみ食べにおすすめのやわらかさ

やわらかさが難しいところなのですが、食材によっては、やわらかすぎると掴んで崩れてしまうことがあります。だからと言って固すぎると、赤ちゃんが噛み切れません。

 

バナナくらいのやわらかさを目安にしてください。たとえば、豆腐は元々がやわらかいですが、そのやわらかさを感じ、工夫してつまむことで赤ちゃんの手先は発達します。


手づかみ食べにおすすめのメニュー

・野菜のサイコロ煮

・野菜のスティック煮

・果物をひと口サイズに切ったもの

・お好み焼きやパンケーキ、蒸しパンなど

・団子状に丸めたおにぎり、肉団子、茶巾絞りなど

 

手づかみ食べ専用のメニューを考えなくても、汁物の具をお皿に出して手づかみで食べさせても大丈夫ですよ。 手づかみ食べで自分で食べられるようになると、次々にお口の中に食べ物を次々に入れてしまうことがあります。のどに詰める原因にもなりますので、自分で食べられるようになったとはいえ、食べるときはそばで見守ってください。

 

手づかみ食べで、赤ちゃんの食べる興味をどんどん引き出してあげてくださいね!


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
12

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。