記事サムネイル画像

「あの…すみません」トイレから出られず大ピンチ!意を決して知らない女性に声をかけると…

生理中の体調不良で特につらかった思い出があります。それは外出先で強い生理痛に襲われたこと。鎮痛薬を持ち合わせておらず、でもこの苦しみから逃れたい一心で私がとった行動は……。

「あの…すみません」トイレから出られず大ピンチ!意を決して知らない女性に声をかけると…

 

生理痛は突然襲ってくる

私の場合、生理痛が突然やってきます。しかし、痛くなってから鎮痛薬を飲んでも効いている感じがあまりなく、平均すると1時間ぐらいはつらい痛みに耐えなくてはなりません。

 

激しい生理痛は非常にやっかいで、嘔吐と下痢も加わった三重苦! こうなると、自宅だろうが外出先だろうが鎮痛薬を飲み、トイレに籠るほかありません。

 

外出先で襲われた生理痛。でも鎮痛薬がない!

あるとき、外出先で生理痛に見舞われました。それもかなりの激痛……。

 

慌ててトイレに駆け込み、鎮痛薬を飲もうとしました。しかしあいにく、薬の持ち合わせがありません。自分だけではどうすることもできず、一刻も早くこの状況を打破したかった私は最終手段に出ました。

 

たまたまトイレに居合わせた女性に「生理痛の薬を持っていませんか」と聞くことにしたのです。

 

運のいいことにそこにいた女性は市販の鎮痛薬を持っており、それを分けてくださいました。また、やさしく心配してくれ……とてもありがたかったです。ただ、トイレの個室で唸っていた見知らぬ女から突然助けを乞われ、その女性はさぞ驚いたことでしょう。

 

 

今回の失敗は、鎮痛薬を持ち合わせていなかったことです。やはり、何があってもいいよう日頃から備え、自身の体調やメカニズムに日々目を向け、自分に合った対策を講じていくことが大切だと思いました。そして、今後もひどい生理痛が続くようであれば、婦人科の受診も考えているところです。

 

著者/匿名
イラスト/おんたま
監修/助産師 松田玲子

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →