干して栄養アップ!かんたん手作り干し野菜

2017/10/14 21:00
野菜を干すだけで、生の野菜よりも栄養価が高くなります。買ってきたしいたけをきれいに拭いて、大根は細く切って天日干し。あとはカラカラになるのを待つだけ。100均の専用の網を使ってもいいしザルで干してもいい。特別な道具も必要ありません。保存もきくし、味も買ってきたものと変わりません。かんたんなのでぜひ試してみてください。

 

煮物をおいしくする干ししいたけ。ヘルシーな切り干し大根。買うのもいいのですが、自分で作ると栄養もおいしさもアップ!100均で購入した網を使い干すだけ!買うよりも安くお財布に優しい。ぜひ試して頂きたい、干し野菜の作り方を紹介します。

 

かんたん!干す準備

 

野菜は干すと栄養が増すと聞いてから、わが家では干ししいたけと切り干し大根を手作りしています。干す時間はかかりますが、手間はそこまでかかりません。手作りなので安心して食べられるうえに、生の状態よりも保存がききます。

 

作り方はかんたん。しいたけは濡らしたキッチンペーパーで拭くだけ、大根は細く切るだけです。あとは網に入れて天日干し!網は100均でも専用網が売られていますが、なければザルでも大丈夫です。

 

とにかく干す!

しいたけは、天気のいい日であれば数日でカラカラになります。私は1週間くらい干しています。大根は水分が多いため、1週間以上干します。季節、空気の乾燥具合、天気の状態により日数は変わりますが、目安はカラカラになるまでです。

 

乾いたと思っていても、水分が残っている場合があります。少しでも水分が残っていると、カビが生える原因になりますので、しつこいくらい干して大丈夫です。


乾燥剤で保管

干した野菜は、お菓子の乾燥剤を入れて保管します。使うときは水で戻すだけです。戻した汁は、出汁としても使えます。切り干し大根は、どんなに細く切っても市販の物より厚くなりがちです。

 

乾かすのが大変ですが、そのぶん歯ごたえがありおいしいです。保存はききますが、おいしくいただくためにも、早めに消費したほうが安心です。ほかにも義母はスライスした生姜を干していました。干しいももかんたんに作れるそうですよ。

 

 

安心・安全・栄養があって、お財布にやさしい。干し野菜はメリットがたくさんあります。離乳食が始まったばかりの娘にも、いずれ食べさせて元気に育てたいと思います。(TEXT:ママライター永山たまこ)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。