子どもの年齢別☆使えるママのバッグ

2017/09/30 12:00
22
子どもと出かけるときは、子どものための荷物を何かしら持って歩くことになりますよね。その際、悩ましいのがバッグ。入れたいものや、子どもの動き加減によって、バッグの必要な大きさ、形が変わってきます。年齢ごとに、どんなバッグを持つと便利なのでしょうか。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
選び方

 

子どもと出かけるときは、子どものための荷物を何かしら持って歩くことになりますよね。その際、悩ましいのがバッグ。入れたいものや、子どもの動き加減によって、バッグの必要な大きさ、形が変わってきます。年齢ごとに、どんなバッグを持つと便利なのでしょうか。

 

マザーズバッグは赤ちゃんのときに

ポケットがたくさんついて、軽く便利なマザーズバッグは、赤ちゃんがいるママにはとっても便利。ミルク、少し多めのおむつ、タオル、着替え、授乳ケープなどなど、必要なものをしっかり入れることができます。

 

荷物の多い赤ちゃんの時期は、マザーズバッグがやはりおすすめです。

 

動く2歳児はリュックで対応

1歳を過ぎるころになると、持っていくおむつの量が減ったり、ミルクが必要でなくなったりするので、近場であればマザーズバッグの半分くらいの大きさのショルダーバッグが活躍します。自分で歩き出す時期でもあるので、できるだけ荷物を小さくしたいというときにもショルダーバッグが役立ちます。肩がけのひもだけでなく、持ち手がついているとベビーカーにかけられて便利です。

 

さらに動きが激しくなる2歳ころには、リュックがおすすめ!動きが激しい子どもに、いつでも両手で対応できます。また、おやつ、タオル、着替えなどじゅうぶんな荷物が入るので便利です。


落ち着いてきたらポシェットに

3歳も過ぎると、近場であれば、ティッシュ、ウェットティッシュ、タオル、財布が入ればじゅうぶんになってきます。なるべく小さめの荷物にするためにポシェットがおすすめです。とくにおすすめなのが、スマートフォンを入れたまま操作できるポシェット。

 

これなら、スマートフォンをバッグにいれたまま操作できるので、スマートフォンの出し入れの必要がなく、いつでも両手を子どものために使うことができます。砂場などで、スマートフォンが汚れにくいのもポイントです。

 

年齢が進むごとに変わってくる必要なバッグ。お子さんの安全面も鑑みながら、ママが動きやすいものを選んでください。もちろん、ファッション性も大事ですけれど!(TEXT:ヒロコ ラメッシェ)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
22

現在ログインしていません。

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。