今と昔は違う!ママたちがおどろく子育ての世代ギャップ3つ

2017/12/27 20:00
6
子育てに関する常識は、時代とともに変わります。親の世代では当たり前だったことが、現代ではそうでないこともあります。そこで代表的な子育ての世代ギャップとその対処法をご紹介! 口移しで食べ物をあげることや抱きぐせがつくから抱っこしすぎないなど、「今はこうなんですよ」とやんわり説明して、それでも納得してもらえなければスルーしちゃいましょう!
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児の悩み
嫁姑問題

 

子育てに関する常識は、時代とともに変わります。親の世代では当たり前だったことが、現代ではそうでないこともあります。それにもかかわらず、自分や夫の親に「こうしたほうがいい、ああしたほうがいい」と口出しされるとイラっとすることもありますよね。そこで代表的な子育ての世代ギャップとその対処法をご紹介します!

 

1:離乳食を口移し

昔は、大人が噛んでやわらかくしたものを赤ちゃんに食べさせるのが普通でした。だけど今は、唾液を通して虫歯菌などがうつることがわかっており、口移しで食べさせるのはやめるべきとされています。その事実は親世代にはあまり知られていないので、いまだに一度口に入れたものを食べさせようとすることが……。

 

「ばい菌扱いされた!」と機嫌を損ねてしまわないように、「虫歯にならないように私たち親も気を付けているんです」と、きちんと理由を説明してやめてもらいましょう。

 

2:抱き癖

泣いている赤ちゃんを抱っこしようとしたら、「抱きぐせがつくわよ!」と言われたことはありませんか? 昔は、赤ちゃんを抱っこしないほうが自立心が養われると考えられており、泣いてもあまり抱っこはしなかったようです。たしかに抱っこしないで放っておくと赤ちゃんはいずれ泣きやみます。ですが、それは泣いても自分の要求が通らないというあきらめからで、決して赤ちゃんにとっていいことではありません。

 

もし「抱きぐせがつく」と言われたら、抱っこはパパやママとの大切なスキンシップ。安心をもたらす大切な行為で、愛情を育むうえで必要不可欠なものなのだと理解してもらいましょう。


3:紙おむつを否定

親の世代では、紙おむつは高価なものだったため、布おむつが主流でした。そのため、「紙おむつはもったいない」「手抜きをしている」という感覚を持っている人も少なくないのです。たしかに、布おむつは低コストなどのメリットもありますが、洗濯など、親の負担も大きいもの。どちらが「いい、悪い」ということではなく、子育てをする親のライフスタイルや考えで選ぶべきことです。

 

布おむつのほうがいいと言われても、「今は紙おむつも安くなって、性能もすごくいいんですよ」と受け流せばOK。時代が違うのですから気にやむことはありません。

 

 

年末年始に帰省したら、子育ての世代ギャップに直面することもあるでしょう。だけど、おじいちゃんやおばあちゃんも、孫かわいさに口を出してしまうだけで、決して悪気はないもの。「今はこうなんですよ」とやんわり説明して、それでも納得してもらえなければスルーしちゃいましょう!(TEXT:高橋じゅんこ)


  • いつの時代の話ですか?これらは昭和初期の子育ての話でしょう。今の姑世代の50代位は、抱き癖位しか聞いたこと無いですよ。食べ物を噛んでから与えるとか、あり得ない。紙おむつも当たり前。適当な記事書かないで下さい。もっと予防接種の違いとか知りたいです。今は種類も多くて大変そうですね。

    2017/12/28 07:19
  • うちの義父は、自分が口に入れたご飯を食べさせようとしていてビックリしました。やめてくださいと言ったら、なんだかギクシャクしてしまいました。

    2018/01/15 16:17

この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。