子どもがまったくごはんを食べてくれない。そんなときに試していること

2018/01/27 22:00
ごはんをまったく食べてくれない、わが家の息子。でも、試行錯誤のすえに昔と比べるとかなり食べるようになりました。きざみのりや子ども用のふりかけをかけてあげるとごはんの進みがいいので重宝しました。また、どうしても食べてくれないときは、テレビを見せたり、好きなおもちゃをテーブルの上に乗せて気を引きながらごはんをあげたりするときも。ただ、あくまで最後の手段にして、あまりひんぱんにおこなわないよう気を付けています。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
離乳食
コツ・ヒント
体験談

ごはんを食べている赤ちゃんのイメージ

 

子どもの食事に悩むママも多いかと思います。私の息子も離乳食を始めたときからあまり食べてくれない子だったので、試行錯誤を繰り返す毎日でした。そこで今回は、息子が1歳くらいのころに効果的だった方法をご紹介します。

 

万能!きざみのり

途中でごはんに飽きてしまったときや、ごはんをひと口も食べてくれないときにとても効果的だったのが、「目の前できざみのりをかけてあげる方法」です。きざみのりをパッパッパッ!とかけてあげると、とてもよろこんで食べてくれました。ときには、かけるフリをするだけで食べてくれることも。市販のきざみのりを常備しておくと、自分できざむ手間がはぶけて楽ですよ。

 

かんたんで便利!子ども用のふりかけ

きざみのりと同じく便利だったものが「ふりかけ」です。わが家では西松屋で販売されている「のり屋自慢のふりかけシリーズ」を使っていました。納豆ふりかけや野菜ふりかけなどがあり、味も薄めなところがうれしいですね。ただ、ふりかけは少しずつかけて、かけすぎないように注意していました。小袋タイプだと持ち運びが楽なので、外出先での食事にも重宝しました。


最終手段!テレビやおもちゃ

賛否両論あるかと思いますが、どんなことをしても食べてくれないときには、息子の好きなテレビをつけたり、おもちゃをテーブルに置いたりして、気を引きながらごはんをあげていました。自然と口を開けて食べてくれることが多かったです。

 

私も、このような食事をさせていていいのかと悩みましたが、ごはんをまったく食べてくれないよりはマシだという結論に至りました。どうしてもどうして食べてくれないときは、ときにはこんな方法もアリではないでしょうか。ただ、あくまで最後の手段にして、あまりひんぱんにおこなわないよう気を付けています。

 

 

お子さんの個性がそれぞれあるように、食事の仕方や好き嫌いもそれぞれ。ごはんを食べてくれないと、親としてはとても不安になりますが、いずれは食べてくれるだろうと力を入れ過ぎずに取り組みたいですね。(TEXT:ママライター白岩愛実)


  • 0
  • 0
  • 4
  • 1

既にクリックしています。

  • ごはんは糖質なので栄養はあまりないです。
    無理に食べさせる必要はありません。
    ごはんよりもタンパク質積極的にをあげるべきです。
    テレビをつけて食べさせることは、食育と逆行しており、記事にして発信することには反対です。

    2018/01/29 09:44
  • テレビ見ながらとか、我が家では絶対させません。こんな堂々と記事になっててびっくり。
    オモチャも然りです。
    ごはんを食べてくれないと悩む方は本当に多いと思いますが(うちもそうです)、それでも色々工夫してなんとかやっているんだと思います。
    せっかく工夫して作っても全く食べてもらえない時は悲しくて悲しくてやる気もなくします。それでもとにかく色んな調理方法を試して色んな味付けを試して、少しずつ広げていくしかないんだと思います。
    集中して食べられる環境を整えてあげるのは大切。でも、テレビをつけたりして『食べないよりマシ』は正直言って手抜きだと思いました。
    言葉がキツかったらすみません。

    2018/02/06 10:44
  • 食べない時ってほんとに食べないですからね
    頑張って作ってる母親(父親)がついイラッとしてしまうのも一生懸命子育てしている証拠です
    重要なのは楽しく食卓を囲むこと

    離乳食なんて食事の練習みたいなものなんで、栄養しっかりとらなきゃ、とか白米はエイヨウガーとかそんなん二の次でいいと思います
    テレビだってつけててもいいじゃない
    物心ついてきたら躾していけばいいんだから!

    意識高いのは結構なことだけど、試行錯誤して、悩んで、頑張ってる親御さんを貶すなんてアホくさ。

    重要なことなのでもう一度書きますけど、楽しけりゃいいんですよ。親も子も。
    全然食べなくて悩める親御さん。食べなくて餓死したって子、いないから。大丈夫です。
    ちゃんと必要な栄養素を身体が欲しい分だけとるようにできてるから心配しなくていいですよ。
    学校行くような歳の頃にはちゃんと食べるようになります
    お菓子スナックジャンクフードのあげかただけには気をつけて。
    虫歯まっしぐらだから

    2018/02/09 22:56

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。