マイホーム購入!わが家がおこなった「土地探し」のポイント

2018/02/12 21:00
いい土地の基準は「自分たちにちょうどいいこと」。無理のない予算で家を建てられることが理想ですよね。わが家が土地選びをする際におこなったのが、求める条件を整理することです。価格や広さなど気になることをすべて紙に書き出しました。北側道路に面した場所や変形地だと費用面でプラスになることもあります。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
住まい
体験談

家を建てたい夫婦のイメージ

 

そろそろ家を建てたい……とお考えの子育て世代も多いと思います。わが家の場合は、結婚を機に家を建てました。考えることがたくさんあり、大変だった記憶があります。家を建てることになれば、まずは「土地探し」です。今回は、わが家が家を建てるときにおこなった「土地探し」のポイントをお伝えします。

 

自分たちにちょうどいい「土地探し」を

お金がたくさんあれば、一等地に家を建てることができるかもしれません。しかし、なかなか現実はそうはいきませんよね。個人的に思うのが、いい土地の基準は「自分たちにちょうどいいこと」。無理のない予算で家を建てられる、自分たちにちょうどいい土地を探すことが大切だと感じます。

 

ちょっと無理をして予算を超える土地を購入し、ローン返済に困ってしまうのは避けたいですよね。

 

求める条件を整理&優先順位を決める

実際にわが家が土地探しをする際におこなったのが、土地に求める条件を整理することです。価格や広さ、道路、交通機関など、気になることをすべて紙に書き出しました。

 

どれも捨てがたいことばかりでしたが、条件すべてに当てはまる土地を見つけるのは難しいと感じました。妥協できる要素、できない要素を明確にすることが大切です。優先順位を決めると土地が選びやすくなり、相場もつかみやすくなりました。


手が出ない土地も立地によっては候補に

土地が高くて視野にすら入れていなかった人気エリアも、場所によっては思っていたより安く購入することもできます。たとえば北側道路に面した場所や変形地などです。あえて敬遠されがちな土地を狙えば人気エリアも夢ではありません。

 

実際に見に行ったことがありますが、変形地はほかの土地に比べると比較的安い価格で売り出されていました。ただ設計に工夫は必要ですが、費用面でプラスになると感じます。

 

 

地盤や日当たりなど、安全に家が建てられるかどうか確認すべきポイントです。理想の土地と家を建てるのは、本当に難しいことだと思います。ハウスメーカーや不動産屋さんに相談するなどして、納得のいく土地選びができるといいですね。(TEXT:ママライター田中由惟)


  • 0
  • 0
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。