医療 助産師REIKO 病気・ケガ 新生児 高齢出産 病院 先天異常

ダウン症とは?検査方法や特徴を助産師が解説!【世界ダウン症の日】

31

ママと赤ちゃん

 

こんにちは!助産師のREIKOです。3月21日は「世界ダウン症の日」ということをご存知ですか? そこで今回はダウン症についてお話ししたいと思います。

 

続きを読む

「世界ダウン症の日」とは?

世界ダウン症連合が2006年から「世界ダウン症の日」を実施し、2012年から国連が国際デーのひとつとして、3月21日を「世界ダウン症の日」として制定しました。ダウン症は、本来2本ある“21”番目の染色体が1本多く、“3”本ある染色体異常ということから、3月21日になったということです。

 

この日は、世界各国でさまざまなイベントが催され、日本でも日本ダウン症協会の主催で、トークセッションや写真展、ダンスイベントなどがおこなわれます。

 

そもそもダウン症って?

先程もお話ししたように、ダウン症は、本来2本ある21番目の染色体が3本ある染色体異常で、21トリソミーともいいます。この染色体異常よって、ダウン症の赤ちゃんは特有の顔つきをしており、先天性の心疾患や消化管の異常をともなうことがあります。また、筋緊張が低下による寝返りなどの発達の遅れや精神遅滞も認められます。

 

ダウン症の場合、成長はゆっくりではありますが、やさしく温和な性格であることが多いといわれています。近年では医療・療育・教育・福祉が進み、ほとんどの人が普通に学校生活や社会生活を送っており、平均寿命は60歳前後とされています。

 

ダウン症の赤ちゃんが生まれる頻度は約1,000人に1人といわれていますが、近年の日本では晩婚化にともなう高齢出産が増加している影響などから約600人に1人との報告もあるようです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

医療の人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。