食・レシピ 離乳食 食べていいものダメなもの

3つのポイントでわかる!赤ちゃんに不向きな食品の見分け方

離乳食を作るママのイメージ

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。スーパーなどに行くと、さまざまな食品があふれていますね。その中から何を選んで何を省くのか。「これは食べられるのかな?」「これはまだかな?」など、疑問に感じることもあると思います。

 

大人とは違うと考えると、なおさら難しいのではないかと思います。そんな赤ちゃんの離乳食を安心して進めるために「赤ちゃんに不向きな食品」の見分け方をお話しします。

 

続きを読む

1.誤嚥(ごえん)のリスクのある食品

誤嚥のリスクがある食品は気を付けましょう。誤嚥とは、通常は食べ物が入らない喉頭や気管に食べ物が入ってしまうことだといわれています。

 

誤嚥のリスクのある食品例

団子、餅、ナッツ類、りんご、ぶどう、ミニトマト、ゼリー、マシュマロ、唐揚げ、焼肉、パン、ご飯、チーズ、こんにゃく、するめ、せんべいなど

 

誤嚥しないようにするための5つのポイント

・子どもが食べやすく小さく切る

ぶどうやミニトマトを食べるときは、1歳を過ぎても1/4くらいに小さく切って食べさせることが大切です。とくにミニトマトの皮は噛みちぎりにくく、のどに引っかかってしまう可能性があります。

 

・ひと口を小さくする

パンやご飯、イモ類などをたくさん詰め込むと、のどにつっかえてしまうことがあります。1回に口に入れる量を少なくすることも大切です。

 

・水分と一緒に食べる

お茶や湯冷ましなどの水分と一緒に食事やおやつをとるようにしましょう。

 

・歩き食べをさせない

動きながら食べていると、転んだときなどに危険です。すぐ動こうとする時期もありますが、座る習慣を身につけさせてあげましょう。

 

・ゆっくり食べる

よく噛んでゆっくり食べる習慣をつけることも大切です。ゆっくり食べていると思わず急かしてしまうこともありますが、よく噛んで食べているとあごが発達し、消化や吸収もよくなるといわれています。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。