暮らし 工夫 住まい 収納 体験談 断捨離

たくさん持ち帰る子どもの作品はこう残す! わが家のお片付け術

工作品

 

保育園や幼稚園から絵や作品を持ち帰ることがありました。飾る場所がない、置いておくと壊れていく工作品……。どれもこれも大事にとっておきたいのですが、たくさんあると保管に困ってしまいます。そこで今回は、わが家が実践している子どもの作品のお片付け術をご紹介します。

 

続きを読む

作品で溢れかえるリビング

工作品

 

息子は1歳から保育園に通っていました。一生懸命に描いた絵や牛乳パックで作った作品などを家によく持ち帰ってくるため、気づけばリビングは作品で溢れかえっていました。

 

どれも成長の証なのでとっておきたいですが、たくさんあり過ぎると保管がしづらい……。かさばる工作品だとなおさらでした。そこで思い切って片付けを始めたのです。

 

捨てる作品は写真を残す! 

カメラ

 

まずは作品を保管するもの、保管しないものの2つに分けました。保管するものは段ボールに入れ、捨てるものは写真で残すことにしたのです。たとえば鬼のお面を捨てるとします。息子が装着している姿をカメラでパシャリ。写真に残すことで捨てても思い出は残ります。作品を持ち帰ったときのきれいな状態で写真を撮るといいですよ!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。