暮らし 生活雑貨 工夫 収納 断捨離 そうじ

育児・仕事・家事に大忙しのママ必見!リバウンドしない収納術

33

キッチン収納のイメージ

 

子育て真っ最中だとなかなかその他のことに時間がとれず、必要最低限の家事だけで1日が終わってしまうこともしばしば。本当はおしゃれでキレイな部屋にしたいけど、今は荒れていても仕方ない…と諦めてしまっていませんか? じつは、収納の基本やコツをしっかり知っていれば、“リバウンド”しないお部屋ができあがるんです。今回、ご自身も2人の育児に奮闘されているという整理収納アドバイザーの池田さんのご自宅にお邪魔し、誰でも簡単にできる収納術を教えてもらいました!

 

続きを読む

働くママが目指すのは「リバウンドしないこと」と「無駄のない動作」

池田さんのお宅は、2階建の一軒家。家族構成は、パパ・ママ・お兄ちゃん(6歳)・妹(4歳)の4人で、今年から小学校に上がったお兄ちゃんは教科書、文房具などの勉強グッズがドッと増え、おてんばな妹ちゃんは紙をちぎって遊ぶのがマイブームという、キレイ好きにとってははっきり言って不利な環境です。しかし、そんな状態でも部屋が大きく荒れることはないと言います。その理由は、どうやら収納のしかたにコツがあるようです。

 

整理収納アドバイザー1級の資格を持つママは、ふだん仕事もしているので、とにかく時間がない。そんな中で“無駄のない動き”ができるように、そして再び部屋が荒れてしまうこと(リバウンド)がないように考えながら収納しているのだそう。では、実際に引き出しや戸棚の中がどんなふうになっているのか、チェックしていきましょう。

 

キホンのキ! グルーピングを徹底すべし!

まずは基礎の部分から。知っている人は知っていると思いますが、整理収納には“グルーピング”という手法があります。「一緒に使うものは一箇所にまとめておく」という簡単なことで、“な~んだ、そんなのもう知ってるよ!”と思うかもしれませんが、意外と気づかず別々の場所に収納されていたりします。

 

ドライヤーのグルーピング収納のイメージ

ドライヤーのグルーピング収納のイメージ2
 

たとえば洗面台の下に設置されているコレ。箱の中にはお風呂の後に必ず使うドライヤーと一緒に、ヘアブラシやヘアトリートメントが一式入っています。写真のように持ち手の穴から電源プラグの先端だけ出してコンセントに挿せば、使うときに箱から取り出して、使い終わったらそのまま箱に戻すので「片付け」なくて済みますね。

 

また、こちらは大きめのグルーピングです。

 

学校グッズのグルーピング収納のイメージ
学校グッズのグルーピング収納のイメージ2
 

お兄ちゃんの学校セットが一式この中に入っています。ランドセルと帽子、教科書とノート類、文房具、巾着袋、手提げ袋など、このキャビネットだけで学校の支度がすべて済むようになっています。写真には写っていないのですが、手前にダイニングテーブルがあり、宿題はここから教科書を取り出してダイニングテーブルで済ませ、そのままここにしまいます。また、時間割も貼ってあるので、翌日の授業の準備もこのキャビネットから離れることなく済ませられます。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。