すごい!生後10カ月の娘が2カ国語を理解しはじめた!【パパの体験談】

2018/07/18 10:00
乳幼児時期の赤ちゃんの学習能力のすごさを実感した国際結婚のパパの体験談を紹介しています。生後10カ月で2カ国語を理解しはじめたそう。赤ちゃん自身が「楽しい!」と思える環境づくりが大切にしているそうです。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
知育
体験談
遊び

ベトナム語の本

 

ベトナム人の妻と日本人である私の間に生まれた娘。ふだん私たち夫婦は日本語で娘と接していたのですが、いつの間にやら娘は日本語はもちろん、ベトナム語も理解し始めていたのです。そのときの娘の様子や、妻がどのように娘と接していたのかをお伝えします。

 

言葉を理解し始めた生後10カ月ごろの娘

ひらがなの木のおもちゃ

 

娘が生後10カ月のころ、私たち夫婦が「ばいば~い」と声をかければ娘はクリクリっと片手を振り、「ばんざ~い」と言うと両手を高く上げるようになりました。それ以外にも「上手ね~」という声かけには笑って拍手をして見せ、「チューして」と言うと、娘は口をとがらせて顔を近づけてくるように。

 

そんな娘を見ながら私たち夫婦は「いろいろな言葉が分かるようになってきたね」と娘の成長ぶりを喜んでいました。

 

娘がベトナム語を理解している!?

あるとき、手放し立ちに成功した娘に向かって、妻が「フォアンホ~!」と声をあげると、娘が満面の笑みで拍手をします。私は妻に尋ねました。


私「ホアンホーって何?」
妻「上手ですね~という意味よ」
私「この子は意味がわかってるの?」
妻「もちろんよ(笑)」


私も妻をマネて「フォアンホ~」と言うと、笑って拍手をする娘。たしかに娘は「フォアンホ~」と「上手」が同じ意味であることを理解していたのです。


楽しく遊びながら覚えた!

ベトナム語の本を読む親子

 

妻の話によると、私が仕事で家にいない間、妻は毎日娘にベトナム語で語りかけて遊んでいたとのこと。娘は、妻が発するベトナム語の理解が深まるにつれ、ママと楽しく意思疎通できることがよほど嬉しいのか、言葉に対する興味が一段と強まりました。

 

そして1歳半になった今では、ベトナム語での返事や数まで数えられるようになったのです! もちろん、ベトナム語がまったくダメな私が娘と遊ぶときは、日本語を使ってキャーキャー遊んでいます!

 

 

娘の頭の中で2カ国語がどのように処理されているかは到底分かりませんが、子どもには「楽しい!」「嬉しい!」と感じることであれば、スポンジのように何でも吸収してしまう力があるようです。


著者:富士山ひでのり

一男一女の新米パパ。ベトナム人女性との国際結婚。会社員として勤めるかたわら、家事や育児に関する体験談を執筆中。特技は、即興の物語で子どもを寝かしつけること。


  • 0
  • 1
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。