赤ちゃんが衣類を自分で脱ぎ着できるようになるのはいつから?

2018/06/30 20:00
6
この記事では、保育士の中田馨さんが赤ちゃんのお着替えについてお伝えしています。1歳を過ぎたら、自分でお着替えにもチャレンジしてみましょう。まずは、靴下を脱ぐことから始めるのがおすすめ。脱ぐのができたら、遊びとして大人の靴下をはくことも挑戦してみましょう。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児の悩み

靴下をはく赤ちゃんのイメージ

 

こんにちは。保育士の中田馨です。1歳を過ぎたころになると、そろそろ自分でいろいろできるように、まずは衣類の脱ぎ着からやってみようと思うママもいると思います。だけど、いつからどんな方法で始めればいいのかが分からなくて、なかなかスムーズに進まないことも。

 

今日は、どうすれば赤ちゃんに衣類の着脱を伝えることができるようになるのかをテーマにお話しします。

 

まずは靴下から始めてみよう!

手っ取り早く衣類の着脱ができるもののひとつに「靴下を脱ぐこと」があります。だいたい1歳ごろから赤ちゃんは靴下を脱ぐことができます。まずは遊びとして取り入れてみましょう。

 

1.一緒に手を添えて脱ぐ

「こうやって自分で脱ぐことができるんだよ」と伝えることが目的です。

 

2.少し脱がせてから自分で脱ぐ

靴下と一緒に足先をつかんでしまうと靴下が脱げません。靴下の先っぽを少し引っ張ってゆるませ、赤ちゃんが引き抜きやすいようにしてあげましょう。

 

3.自分で脱げるようになる

2を何度もしているうちに、赤ちゃんは靴下を脱ぐ感覚が分かってきますので、だんだんと自分で靴下を脱げるようになってきます。

 

4.できたら大げさにほめる

1、2、3、すべてに共通することは、できたら大げさにほめることです!

 

ほとんど親が手伝っていたとしても、まずは「できた達成感」を味わってもらうことが大切。ほめてほめてほめまくりましょう! これは靴下だけではなく、ズボンにも同じ対応ができます。しっかりと一人で立てるようになったら、ズボンを脱ぐことも段階をふみながら始めてみましょう。

 

靴下をはくことを促す遊び

比較的、脱ぐことは簡単にできるかもしれませんが、靴下をはくことはなかなか難しいです。あの小さな手を使い、あの小さな袋(靴下)の中に足を入れるのは至難の業。ですので、遊びのなかで靴下をはく動作を取り入れてみましょう。

 

シュシュに足を通してみよう! 

100円ショップでも購入できる「シュシュ」。これに足を通す遊びをしてみましょう。まずは手を添えて一緒に足を通すところから始めます。「靴下を履く練習」と思って一生懸命する必要はありません。「できなかったら(興味がなかったら)明日また遊ぼう」くらいの気持ちで取り入れてみましょう。

 

大きいパパの靴下でトライ! 

大人の靴下を使って履く練習をしてみましょう。赤ちゃんの靴下よりも大きいので履きやすく、できたときは赤ちゃんも達成感を味わえますよ。


衣類の着脱ができていたのにしなくなったら?

衣類の着脱がそれなりにできていたのに、急にしなくなったり、「ママがして」という態度になったりすることもあります。多かれ少なかれ、多くの子にあることです。衣類の着脱だけでなく、生活のさまざまな場面でそのようなことが起きますが、「行きつ戻りつするのは当たり前」と見守ることが大切です。

 

着脱をしなくなったときは「じゃあ今日はママが着替えさせてあげるね」「一緒にしようか」など、全面的に手伝ってもOKですし、部分的に手伝ってもOKです。そのときそのときのわが子の気持ちを受け止めながら進めてあげてください。

 

 

衣類の着脱をスムーズにできることもあれば、親の思う通りに進まないこともあるかもしれません。大切なのは「楽しい状態で遊びとして取り組めること」です。その子その子の発達や意欲に合わせて進めてあげてくださいね。


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。