【助産師が回答】娘の食べムラに悩み中。食べないときはどうすればいい?

2018/06/30 19:00
21
ベビーカレンダーの人気コンテンツ【助産師に相談】の中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。今回は、食べムラが激しい9カ月のお子さんに悩むママからの相談です。

食事中の赤ちゃんのイメージ

 

「気軽に専門家に質問ができて、さらに返信も早い」とママから日々感謝の声が寄せられているベビーカレンダーの人気コンテンツ【助産師に相談】の掲示板。その中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。今回は、食べムラが激しい生後9カ月のお子さんに悩むママからの相談です。

 

Q. 食べムラがある娘。ミルクを減らすべきでしょうか?

生後9カ月の娘のことで質問させてください。現在、3回食をスタートさせたところです。もともと少食で食べムラが激しく、よく食べたかと思えばギャン泣きして嫌がったりと、なかなか安定しないのが悩みです。離乳食開始前のころから、極端にミルクの飲みが悪い時期と、よく飲む時期を繰り返しながらこれまで成長してきた子で、今はまた食欲のない時期なのかなあと思っているのですが。


現在、7時 離乳食+ミルク、11時から12時 離乳食+ミルク、15時から16時 離乳食+ミルク、19時前 ミルク後就寝と、計4回ミルクを与えています。飲む量も毎回バラつきがあり、食べる量はよく食べてトータル120g程度です。

 

たとえば、少しでも離乳食を口にしたとして、そのあと泣かない場合は食後のミルクはあげなくても大丈夫でしょうか? 数口食べて泣いて嫌がり、食事を切り上げると泣くこともなく遊んでいたりします。その後、ミルクを作ってあげればいくらかは飲みます。

 

食べるタイミングや場所、形状や味付けにも工夫をこらしているつもりですが、なかなか苦戦しているところです。ここで食後のミルクをやめることで娘の発育に影響があるのではないかと不安に思う反面、ミルクを減らせば食べてくれるようになるのならという期待もありつつ、なかなか踏み出せずにおります。生後9カ月で踏み切るのはまだ早いでしょうか?

 

宮川めぐみ助産師からの回答

娘さんの月齢や様子から見ると、まだ焦らなくてもいいのではないかと思いました。多少食べムラはあるかと思いますが、毎回楽しく食べられるようになったり、1回のごはんに子ども茶碗の2/3くらいは食べられるようになってから3回にするのでもいいのかなと思いました。

 

先にミルクを飲ませてあげてからごはんでもいいですよ。そのほうが案外食べてくれたりすることもあります。また質問者さんも一緒にごはんを食べるようにしてみるのもいいかと思いました。一緒に食べるほうが楽しくなり、進むこともありますよ。

 

ミルクはまだ飲んでいたほうがいいと思います。これからの時期は水分をしっかりと取っていただきたいので、ミルクの飲みが悪いときも少量ずつでも回数を増やしていただければと思います。

 

暑くなってきているのもあって食が進まないということもあるかもしれませんね。食べるものが偏らないように気をつけてあげてくださいね。

 


※参考:ベビーカレンダー「助産師に相談」コーナー〈 https://baby-calendar.jp/talk/category/tree/11/0

 


食べムラは発達段階のひとつ

食べムラがあるということは、多かれ少なかれ、ほとんどの赤ちゃんにあることです。それも発達段階のひとつ。「食べたいときと食べたくないときがある」ということを赤ちゃんが感じている。つまり、脳が発達しているということです。短期間で見ると食べないことはとっても心配ですが、長期的に見ると成長のしるしなのです。

 

赤ちゃんが食べることを嫌がるときは、無理強いしなくていいですよ。無理強いすると、離乳食に対してのイメージが悪くなることもあります。ママがニコニコしながら「あ〜ん」と食べさせ、がんばっても無理なら、今は食べたくないときだと思います。

 

赤ちゃんが口を真一文字に結んで食べてくれないとき、ベエーッと吐き出すときなどは、いったん離乳食を中断しましょう。30分後に再び与えると、食べ始めることもありますよ。食べなかったときは、母乳やミルクを与えてください。母乳を与えたら落ち着いて、そのあとに食べ始めることもあります。離乳食後に授乳するのが理想ですが、ときには順序が逆になっても大丈夫です。
 

食べムラがあるときにママができることって?

●楽しい食事の雰囲気づくりを演出
食事をするときの雰囲気はとっても大切です。ママが笑顔だと、赤ちゃんは楽しく食事ができます。ママがイライラすると赤ちゃんにすぐに伝わってしまいます。食べてくれなくて心配なときに、ママが笑顔になるのはとても難しいことを私もよく知っています。イライラしそうになったら、深呼吸してみましょうね。

 

 ●食事までにおなかをすかせるよう活動する
食べるのは、おなかをすかせることが必要です。おなかがすくためには活動することも大切です。公園に行くなどして、いっぱい遊んでくださいね。

 

●しっかり寝る
大人もそうかもしれませんが、寝不足だと食べたくなくなることもあります。夜の睡眠も昼の睡眠もリズムよくとってあげるといいですね。

 


※参考: ニュース(食・レシピ)「赤ちゃんに食べムラがあるときどうすればいい?」〈 https://baby-calendar.jp/smilenews/detail/9 〉【著者:離乳食インストラクター協会代表理事 中田馨】

 

離乳食後期(9カ月~11カ月ごろ)はどれくらいの量が食べられるの?

食べる量には個人差がありますが、だいたい1食全部合わせて赤ちゃん用茶碗1杯分くらいの量が食べられるようになってきます。栄養の6~7割を離乳食から摂るようになってきますが、まだ母乳やミルクも大切な栄養源です。食事のあとは母乳やミルクを飲ませてあげるようにしましょう。

 

また、1日に2回だった食事を3回にしていき、少しずつ大人と同じ時間に食事ができるようにしていきましょう。

 

このとき、気を付けたいのは食事の間隔を3~4時間はあけるようにすることと、夕食は20時を過ぎないようにすることです。夕食を食べるのが遅くなると、就寝時間も遅くなってしまいますので、規則正しい生活ができるように食事時間にも注意が必要です。

 


※参考: 基礎知識(ベビー)「離乳食後期(9カ月~11カ月ごろ)の量の目安や食材、レシピ、進め方のポイント」〈 https://baby-calendar.jp/knowledge/baby/935 〉【監修:助産師REIKO】

  • ベビーカレンダーは、妊娠や育児のお悩みを抱えたママさんの強い味方でありたいと思っています。自分だけではどうしても解決できなかったとき、不安で仕方がないときは本物の助産師や管理栄養士がリアルタイムでお悩みや質問にお答えする『助産師に相談』『管理栄養士に相談』の掲示板をぜひご活用ください!

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
21

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。