ママネタ 育児の悩み 育児あるある コミュニケーション

子育てのイライラは押さえつけるのではなく、うまく付き合っていこう!

38

育児に悩んでいるママのイメージ

 

子育てや仕事に追われて、ちょっとしたことでイライラしてしまう自分が嫌になってしまう。そんなふうに悩んでいるママは少なくないはず。前回、そんなイライラを引き起こす要因はストレスが大きいことがわかりました。では、そのストレスと、どのように付き合っていけばいいのでしょうか?

 

監修には、日本アンガーマネジメント協会の篠真希先生をお迎えし、ご著書『子育てのイライラ・怒りにもう振り回されない本』から特に気になる内容をピックアップしました。

 

続きを読む

怒りはあって当たり前! 「防衛感情」とつき合おう

子どものお世話や家事と仕事に追われて、子育て中は睡眠不足になりがちです。その状態に加えて、子どもの安全を守るために気が張って、緊張状態が続くことに……。これらの要因から、精神状態が不安定になっても仕方ありません。そんなときに子どもが言うことを聞かなかったり、子どものことで夫やほかの家族から責められたりすると、イライラが発動しやすくなります。

 

生活の中で、自分が安心していられる時間がない。さらには、自分の健康が守れなかったり、したいこと、すべきことができない状態が続くと、安心安全を守るサインである「防衛感情」がイライラとして現れます。怒りは「自分が守りたいものを守れない」ときに感じると考えてみてください。

 

怒りを感じるできごとに「意味づけ」しているのは自分自身

育児中は誰もがイライラしやすいものです。睡眠不足や疲れなどのストレスがたまっている状態で、自分や赤ちゃんを必死に守ろうとしているから当たり前のこと。ただし、イライラの「感じやすさ」には個人差があります。同じできごとや場面でも、イライラする人とそうでもない人がいるのです。

 

たとえば、子どものちょっとしたいたずらに「そういうこともある」と思えるか、「絶対にだめなこと」と意味づけるか。子どものいたずらに対して「そういうこともある」と思えるママは、おおらかでいつでも怒りっぽくないのでしょうか?

 

そんなことはありません。おおらかに見えるママも、実はほかのことには厳しいのかも。たとえば、時間にはとても厳しくて、子どもの支度が遅いときにはイライラしているかもしれません。自分が怒りやすいポイントと、ほかのママが気になることは違っているんです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

ママネタの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。