赤ちゃんが水遊びをするときの「8つのポイント」を保育士が伝授します!

2018/08/05 20:00
62
この記事では、保育士の中田 馨さんが夏の水遊びについてお話しします。赤ちゃんの体調や気温、水温や水位など、赤ちゃんが事故や体調不良にならないためのポイントを8つにまとめました。そして、水遊びをするときは、必ず赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児

水遊びしている赤ちゃんのイメージ

 

こんにちは。保育士の中田 馨です。暑い夏の遊びといえば、水遊びですね。暑くてお外で遊ぶことがなかなかできない夏だからこそ、涼しくなれる水遊び。今日は、赤ちゃんが水遊びをするときの注意点をお話しします。

 

赤ちゃんが水遊びをするときの注意点

赤ちゃんが水遊びを始める時期は、おすわりがしっかりとできるようになってからです。今回はビニールプールに入るときの注意点を8つお伝えします。

 

赤ちゃんの体調がいいときにする

熱、下痢はないか? 皮膚にジュクジュクした傷はないか? 機嫌はいいか? 食欲はあるか? 目やにや充血はないか? 朝食は食べたか? ということを確認してみましょう。水遊びは赤ちゃんが体調のいい日にしましょうね 。

 

水遊びは気温25度以上のときにする

水遊びをするときの気温は25度以上がいいですね。肌寒いときはやめましょう。

 

入る前後に水分補給をする

プールで遊ぶ前と後に水分補給をしましょう。夏はプールだけでなく、活動の前後に水分補給をすることを心がけましょうね。

 

入る前はおしりを洗う

入水する前におしりを洗い、汗を洗い流しましょう。

 

水温はぬるま湯程度にする

25~30度くらいのぬるま湯でOK。0歳児が湯遊びをする場合は、32度以下になると体温が下がるといいますので、33~37度程度が適温です。

 

水位は浅くする

事故の原因になるので、水位は浅くしておきましょう。 

 

時間は20分前後までにする 

水遊びをする時間は20分前後。入水後は疲れていますので、お昼寝をさせてあげましょう。子どもの顔色をよく見て、くちびるが青くなってきた場合はプール遊びを終了してもいいですね。

 

室温調節をする

プールに入ったあとは、シャワーを浴びて体の水気をしっかりと拭きます。体を冷やさないように、室温は普段よりも高く設定します。

 

 

ビニールプールを準備するのはなかなか手間がかかることです。もっと手軽に水遊びするなら、ベビーバスに入るのもいいですね。0歳児ならベビーバスでも楽しく水遊びができます。また、ママも一緒に浴槽に入ってスッキリするのもいいですね! 水遊びをするときは、必ず赤ちゃんから目を離さないようにして、夏ならではの遊びを楽しんでくださいね。

著者

保育士 中田馨

一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長


0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨“和の離乳食レシピ”blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)も発売中! BLOG:「中田馨“和の離乳食レシピ”blog



この記事にいいね!しよう

いいね!
62

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード