食・レシピ 離乳食

離乳食を手づかみ食べしない息子。成長してどうなった?【体験談】

手づかみ食べの赤ちゃんのイメージ

 

離乳食が始まってしばらくすると「手づかみ食べ」が始まります。育児書などにも「手づかみ食べは成長において重要」との記述があり、当然のようにわが子もするものだと思っていました。ところが、私の息子は1歳になっても手づかみ食べをしなかったのです。

 

続きを読む

手づかみ食べをせず不安な日々

1歳を過ぎ、周りの赤ちゃんはどんどん手づかみ食べを始めていました。手でつかんで、時にはぐちゃぐちゃにしながらも食べることを楽しんでいるように見えて、どうして息子は自分で食べようとしないのだろう、成長に問題があるのだろうかとヤキモキしていました。

 

ベビーせんべいなどのおやつはちゃんと手で持って食べます。ところが食卓について離乳食を前にすると、手を出そうとしないのです。手で食べるように促してもポイと放り投げたり、イヤイヤと拒否されたり。おなかが空いていないわけではなく、私がスプーンによそって口元に持っていくとパクパクと食べてくれました。

 

とにかく息子に手づかみで食べてほしい、自分の手でパクパクと食べるところが見てみたい! その一心で、小さく丸めてつかみやすくしたり、息子の好きなキャラクターの形にしたりと、あれこれ試しました。それでも効果はありませんでした。

 

保健師さんの意外なアドバイス

ついに子育て支援センターの保健師さんに相談に行きました。息子に手づかみ食べをさせるためのアドバイスが欲しかったのです。ところが保健師さんからは「本人がしたくないなら、させなくていいのよ」と、意外なひと言が。

 

保健師さんが言うには、赤ちゃんにも個性があり、食べることが大好きな子もいれば、まったく興味を示さない子もいる。甘えん坊で、自分で食べるよりも食べさせてもらうのが好きな子もいる。お母さんに食べさせてもらってちゃんと栄養を摂っているなら、手づかみ食べにこだわらなくてもいい、とのことでした。「手づかみ食べをさせなくてはいけない」と、思い込んでいた私にとっては目が覚めるような思いでした。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。