ママネタ 発達・発育

生後9~10カ月の赤ちゃんの発達とふれあい方を保育士が教えます!

生後9カ月ごろの赤ちゃんのイメージ

 

こんにちは。保育士の中田馨です。今日も、前回に引き続き、生後9~10カ月の赤ちゃんの発達とその時期に応じたふれあい方を紹介します。この時期の赤ちゃんは好奇心旺盛になり、ママがしてほしくないこともするようになってきます。感情もますます豊かになって、喃語(なんご)を通してやり取りができるようになってくる時期です。

 

続きを読む

生後9~10カ月の赤ちゃんの特徴

体の発達

一人でしっかり座って遊べるようになってきます。しっかりおすわりができるので、座ったままおもちゃなどで遊ぶこともできます。ずりばいが上手になり、徐々に四つ這いができるようになる子もいます。手先も器用になってくるので、離乳食では手づかみ食べをスタートとする時期です。遊びの中でも物を握る経験をたくさんさせてあげましょう。

 

心の発達

生後7~8カ月ごろに続き、人見知りをする赤ちゃんが多いでしょう。「知らない人」を見つけると、泣いてママに抱っこされながら、またこわごわ知らない人を確認する、という仕草を何度もして大人をほっこりさせてくれます。

 

また、後追いも始まります。ママがそばからいなくなったことが分かったら、泣いて探します。ママにとっては、ほんの少し動いただけでも泣くので、自由に動けず大変な時期ですが一時のことですので「後追いができるようになってこの子すごいな!」と思ってくださいね。私は、家事のときはずっとおんぶをしていました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。