食物アレルギーとの付き合い方。アレルギー判明から現在の様子【体験談】

2018/09/24 23:00
39
食物アレルギーを持つわが子のため、卵と乳製品の除去生活を送られているご家族の体験談です。口にするものをきちんと制限する中でも、お子さんの気持ちに寄り添った生活を送られたそうです。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
離乳食
アレルギー
食生活
体験談

牛乳と卵のイメージ

 

私の娘には食物アレルギーがあります。卵と乳アレルギーで、程度も重度です。そんな娘が食物アレルギーと判明したきっかけから、2歳になった現在までの食物アレルギーとの付き合い方、娘の気持ちへの寄り添い方について、体験談を交えながらお伝えしたいと思います。

 

生後4カ月ころ、アレルギーが判明

生後すぐから、頬や胸に赤い発疹が出ていましたが、1カ月健診では乳児湿疹との診断を受けました。しかし、指示された通りに体を清潔にしても、薬を塗っても良くなる気配がありませんでした。むしろ赤みが増して、おまけに患部がじゅくじゅくしてきて、悪化しているようでした。

 

その後、生後4カ月のときに再度病院を受診。アレルギー検査をおこなった結果、卵と乳のアレルギーがあることが判明したのです。

 

わが家から卵と牛乳が消えた

私の娘の場合、卵と乳のアレルギークラスも重度だったので、牛乳はアレルギー用のものに替え、生後6カ月から始めた離乳食は、卵入りのものは完全除去をしました。「加工品の製造ラインに卵や乳が入っているものも避けるように」と医師から言われ、家庭での卵と乳製品の使用をやめました。

 

そのため、食品の成分表示に目を通すことが日課になり、そこで改めて、卵と乳製品が生活に密接に関わっていることを実感しました。


成長するにつれて娘にも説明

2歳になった娘が、卵が入ったものを食べてみたいと言うようになりました。そこで、アレルギー対応の商品を扱っているお店を探し、菓子パンを取り寄せました。菓子パンを初めて食べた娘は「おいしい!」と喜びを爆発! 私はそのときの笑顔を忘れることができません。

 

最近は、言葉をだいぶ理解できるようになったので、卵と乳が食べられない理由をゆっくり伝えるようにしています。

 

 

アレルギー判明直後は、不安でいっぱいでした。しかし、娘の成長とともに、気持ちに寄り添うことの大切さに気づきました。まだ完全除去の日々は続きますが、アレルギーとうまく付き合っていけたらと思います。


著者:松裏幸恵

二男(二卵性の双子)一女の母。薬剤師として働きながら子育てをしている。自身の妊娠・出産・育児に関する体験談を中心に執筆中。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
39

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。