保育士が教えます! お家での歯のケアはいつから? どうやって?

2018/09/30 20:00
77
この記事では、保育士の中田 馨さんが赤ちゃんの歯のケアについてお伝えします。生後6~8カ月ごろは、ガーゼでやさしく拭いて。1歳になったら歯ブラシを使ってみましょう。歯磨きが嫌いにならないポイントもご紹介します。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
歯磨き・虫歯予防

歯のケアをする赤ちゃんのイメージ

 

こんにちは。保育士の中田 馨です。個人差がありますが、一般的に乳歯が生え始めるのは生後6~8カ月ごろと言われています。大人は毎日歯磨きをして歯のケアをしていますが、乳歯のケアはいつから、どのようにすればいいのでしょうか。今日は、赤ちゃんの歯のケアのお話です。

 

生後6~8カ月ごろの歯のケア

歯が生え始めたばかりの赤ちゃん。歯磨きというよりは、食べたあとにガーゼで拭きとるようにしてみましょう。いきなり歯磨きをするのではなく、まずはお口の中を触ることに慣れることから始めましょう。

 

1歳ごろからの歯のケア

この時期から歯ブラシにチャレンジしてみましょう。嫌がる場合はガーゼでOKです。赤ちゃんが歯ブラシを持ったまま歩くと転んだときに危険なので、「座って磨くんだよ」「大人と一緒に磨くんだよ」ということを毎日伝えましょう。赤ちゃんが歯ブラシを噛み、歯磨きがスムーズに進まないときは、赤ちゃんには赤ちゃん用歯ブラシを持たせて、ママが仕上げ用の歯ブラシを持つようにします。


赤ちゃんの歯磨きで大切なこと

「絶対しなければいけない」という責任感から、歯磨きを無理強いしてしまいがちです。わが家の場合、長男は無理強いをしたために歯磨きが嫌いになりました。それを反省し、娘は遊びの一環として始めたので嫌がりませんでした。

 

赤ちゃんの口はやさしく触る

赤ちゃんの口の周りはデリケートです。まずは、やさしく触ることが大切です。よく見えないからと強く引っ張ったりするのはNG。やさしく丁寧に触れてあげましょう。

 

遊びからスタート

遊びの延長としてスタートし、楽しく歯磨きをする習慣をつけていきましょう。例えば、赤ちゃんが嫌がるときは、歯磨きは中止して「湯冷ましを飲もう」「じゃあ、うがいだけしよう」でもOKです。また、嫌がるときは鏡を準備! 鏡で自分の歯を見ながら歯磨きすることで、歯磨きに興味を持つ子もいます。普段の遊びのなかのおままごとで歯磨きのシーンを取り入れたり、歯磨きがテーマの絵本を読んだりしてみるのもいいですね。

 

お口の中がよく見える姿勢で

ガーゼで拭くときは横抱きで。歯磨きはママのひざに赤ちゃんの頭をのせてゴロンとさせ、ママが赤ちゃんの口の中をよく見える体勢で磨きましょう。

 

歯茎には気を付けて

歯が小さい赤ちゃんですので、歯ブラシが歯茎に当たってしまうこともあるかもしれません。歯茎に歯ブラシが当たると痛いので赤ちゃんは嫌がります。歯茎にママのひとさし指を置いて、歯ブラシが歯茎に当たらないようにガードすると、赤ちゃんも安心してお口を開けてくれますよ。

 

じょうずにできたら褒める

「できたね」「じょうずだね」など、歯磨きしている赤ちゃんをたくさん褒めてあげましょう。そして、ピカピカになったことを親子で確認しましょうね。

 

 

子どもが小学校に入ってから「仕上げ磨きはいつまでしたらいいの?」と歯科衛生士さんに質問したことがあります。「低学年のうちは毎日。高学年になって嫌がり始めても、時々は歯磨き後の口の中をチェックしてね」と言われました。 歯磨きは、歯の健康を維持するだけではなく、親子のスキンシップにもなります。歯磨きが、毎日の楽しいスキンシップ習慣になるといいですね!

著者

保育士 中田馨

一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長


0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨“和の離乳食レシピ”blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)も発売中! BLOG:「中田馨“和の離乳食レシピ”blog



この記事にいいね!しよう

いいね!
77

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。