赤ちゃんもママもハマる!いりやまさとしさん作・ぴよちゃんシリーズが◎

2018/11/03 12:00
23
絵本好きのママのおすすめは、いりやまさとしさんの作品。『ぴよちゃんとひまわり』『プチおはなし ぴよちゃんとまんまる』『NEWぴよちゃんとあそぼ! めくってばあ!』(すべて学研プラス)などの魅力を紹介しています。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
知育
体験談
遊び

『ぴよちゃんとひまわり』『プチおはなし ぴよちゃんとまんまる』(学研プラス)

 

私の娘は、いりやまさとしさん作の絵本がお気に入り。特にぴよちゃんシリーズは0歳から楽しめる絵本で、何度も読み聞かせました。今回は私とぴよちゃんシリーズの出会い、そして0歳から娘が楽しんだ絵本の魅力についてお話しします。

 

胎教で知った絵本の魅力

絵本を初めて読んだのは、妊娠中でした。妊娠・出産期によく読まれている某雑誌の付録絵本で、「生まれてくるのを待ってるよ」という内容です。それから絵本に興味を持った私は、絵本好きな弟から、いりやまさとしさんの『ぴよちゃんとひまわり』(学研プラス)を貸してもらい、まだおなかにいる娘に語りかけるように読みました。

 

ぴよちゃんがひまわりと友だちになり、やがてひまわりが枯れてしまいます。命の儚さと、種から出る新たな命の尊さを教える本で、読みながら涙がこぼれました。

 

親子でハマるぴよちゃんワールド

『プチおはなし ぴよちゃんとまんまる』(学研プラス)

 

『ぴよちゃんとひまわり』に感動した私は、弟から『プチおはなし ぴよちゃんとまんまる』を譲ってもらいました。淡い色彩がきれいで、0歳の心をつかむオノマトペ(つんつん、びよーんなどの擬音語・擬態語)がたくさんあります。

 

まんまるに乗ってふわふわ飛んだり、割れて飛び散ったりと、ページをめくるたびに場面が変わるのが楽しい絵本です。娘が生後5カ月ごろから読み始め、1歳半の現在でも大好きな絵本です。


クリスマスプレゼントにも!

『NEWぴよちゃんとあそぼ! めくってばあ!』(学研プラス)

 

娘が生後9カ月のとき、弟からぴよちゃんシリーズの絵本『NEWぴよちゃんとあそぼ! めくってばあ!』を、クリスマスプレゼントとしてもらいました。フェルトが挟み込まれていて、それをめくるとかわいい虫などのイラストが出てくる仕組みになっています。

 

最初は私がページをめくって教えてあげましたが、次第に娘自身でページやフェルトをめくるようになりました。1歳になると、めくりながら「ばあ」と声を発して楽しんでいました。

 

今では絵本選びが趣味に

生後5カ月からは図書館に通うようになり、いろいろな絵本を借りるようになりました。イラストや表紙がかわいいもので、さらに紙が厚く破れにくいものだと安心して楽しめました。私も子どもの絵本の世界に、いつの間にのめり込んでいたのです。さまざまな絵本を借りてもなお、やはりぴよちゃんシリーズは別格で、娘もわたしもよく開いています。

 

 

いりやまさとしさんの絵本、特にぴよちゃんシリーズは、絵もかわいく言葉づかいもおもしろいので、読んでいて楽しめます。絵本を通して、娘と会話をする時間が楽しみになっている今日このごろです。


著者:小泉陽子

1歳の女の子の母。前職は家庭教師。アニメやイラストを描くのが好きで、娘と一緒にお絵かきするのが毎日の楽しみ。

 

※本記事の内容は公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
23

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。