あなたは切る?切らない?両方体験!会陰切開について【ママの体験談】

2018/11/01 20:00
18
会陰切開の体験談をご紹介しています。会陰切開の不安や恐怖があったママでしたが、いざ出産を迎えたときには陣痛でそれどころではなかったというお話です。先生の判断にお任せして、無事に出産できたそうです。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
産後
病院
会陰切開

新生児

 

私は二度出産を経験しましたが、どちらも会陰切開をしない方針で出産に挑みました。しかし、実際は1人目のときに会陰切開をすることになり、2人目のときは会陰が裂けてしまう結果に……。今回は、二度の出産での会陰切開の体験談をお伝えしていきます。

 

あれ? 案外大丈夫だった会陰切開

1人目は会陰を切らない方針で出産に挑みました。しかし、実際はいよいよ赤ちゃんが出てくるときになって、切らないと時間がかかる状態になってしまいました。私は痛みに耐えかねて、「先生、やっぱり切ってください!」とお願いし、要望を受けた先生の適切な判断により、急遽方針を転換。


「じゃあ切るよ!」という先生の合図とともに“パチン!”と音が聞こえました。しかし、痛みもなく、切って間もなく赤ちゃんがスルンと出てきてくれました。縫合するときは、少しチクチクするくらいの痛みだったと思います。

 

2人目の出産では会陰が裂けちゃった!

2人目の出産は進み具合が早く、2回目のいきみで赤ちゃんの頭が見えてきました。「もうちょっとよ、頑張って!」と助産師さんが声をかけてくれたかと思うと、はっきりと“バリッ!”と音がしたのです。

 

陣痛の痛みで何の音かわからなかったのですが、「裂けちゃったから、ちょっと縫うからね。痛いかも!」と先生に言われました。そう、あれは会陰が裂けた音だったんです。


産後の回復について

1人目の出産で会陰切開をしたあとは、縫った不快感も痛みもほとんどなかったように思います。出産前に不安だった症状はまったく出ず、早い段階で産前の状態に戻りました。
 

2人目の出産は、会陰が裂けた範囲が広かったので、椅子に座ると当たって痛みがありました。抜糸は1週間でできたものの、その後1週間ぐらい縫ったところに違和感がありました。それでも、その後1カ月で全快し、産前と変わらない生活ができています。

 

 

私は会陰切開をしない方針で出産に挑みましたが、結局はおこなうこととなりました。しかし、その後の生活に何の悪影響も出ていません。出産時は陣痛の痛みでそれどころではなかったので、そこまで不安に思わなくてもよかったんだなぁと感じています。


著者:住川愛

小6の息子と0歳の娘の母。自身の体験をもとに、妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆している。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
18

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。