医療 妊娠 病気・ケガ

もし妊娠中に風邪を引いたら...!?風邪薬は赤ちゃんに影響するの?

風邪を引いた妊婦さんと薬のイメージ

 

妊娠中は妊娠前と比べて免疫力が下がるため、風邪をひく妊婦さんは少なくありません。妊娠前と同じように、市販の風邪薬を飲みたいところですが、妊娠中に安易に薬を飲むことは、妊婦さん自身や赤ちゃんへの影響が心配されるため避けるべきことです。ここでは、妊娠中の風邪薬を飲むことへの影響や危険性、飲むことのできる薬の種類などについてお話ししたいと思います。

 

続きを読む

風邪によるおなかの赤ちゃんへのリスクは

風邪と言えば、倦怠感、発熱、頭痛、吐き気、食欲不振などの症状が挙げられますが、妊娠初期にもこのような症状が出る場合があります。妊娠すると、基礎体温は高温期のまま経過しますので、微熱の状態が続くことになり、ホルモンの変化によって風邪と似た症状が出ることがあります。妊娠していることに気付かず、風邪薬を飲んでしまうケースもありますので、妊娠の可能性がある女性は、薬を飲むことを控えておいたほうが安全です。

 

妊娠中に風邪薬を飲んでも良い?

市販の風邪薬を自己判断で飲むことは絶対に避けましょう。市販の風邪薬の中には、妊婦さん自身や赤ちゃんへの影響が心配されるものもあります。もし、風邪をひいた場合には、かかりつけの産婦人科を受診するか、内科で医師に妊娠していることを告げて診察・処方してもらうようにしましょう。医師が出した風邪薬は、妊婦さんや赤ちゃんへの影響が少ないものが選ばれますので安心して飲むことができます。


注意したいのが、家などに保管されている妊娠前に医師から処方された風邪薬です。風邪薬が残っていたのでとりあえず家にある薬を…とならないように注意しましょう。妊娠前と妊娠中では、飲むことのできる薬の種類が違ってきますので、きちんと妊娠中であることを考慮して処方された薬を飲むようにしましょう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。