「自分でやりたい!」子どもの意欲に寄り添うための方法【ママの体験談】

2018/12/02 10:00
0
この記事では、離乳食のときに「自分でやりたい!」という意欲が出てきたお子さんとの接し方に関するママの体験談を紹介しています。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
離乳食
コツ・ヒント
手づかみ食べ

 

離乳食が進んでくると、子どものやりたい気持ちはどんどん大きくなります。できるかは別として、やってみることに大きな意味があると感じます。今回は、私が実践している、わが子の「やりたい!」という気持ちに寄り添うための方法を紹介します。

 

「やりたい!」が増えてきた生後10カ月

わが子は生後10カ月を過ぎたあたりから、なんでも「自分でやりたい!」という欲求が出てきました。とくに、離乳食のときには、ママからごはんをもらうことを嫌がって自分で食べようとしたり、ママのまねをしたりするようになりました。

 

とりわけスプーンを自分で持ちたがったり、ストローマグを自分で持って飲もうとしていました。もちろんはじめからうまくはできないのですが、わが子はやってみたいという気持ちを示してくれます。

 

自分でできることを増やす方法

わが家では子どもが自分でできることを増やすために、おかゆをおにぎりにして手づかみ食べできるようにしたり、散らかってもいいように新聞紙を敷いてスプーンを持たせてあげています。

 

コップ飲みも、タオルでフォローしながら自分で飲ませてあげます。自分でできると喜ぶうえに、日に日に上達していることが分かって、親としても喜びを感じます。一番簡単だったのは、フォークに野菜を刺して渡すこと。自分でうまく口に運んでいました。


子どものやりたい気持ちに寄り添うために

子どもが自分でやりたいと主張しても、できないことが目に見えていると拒否したくなったり、嫌な顔をしてしまうこともあるかもしれません。でも私は、何でも「いいよ! やってごらん!」と子どもにやらせてみるように心がけています。

 

子どもは興味関心を示して、できたら喜び、うまくいかないと泣くこともあります。後片付けが大変なことばかりですが、そんな過程を経て子どもに成長してほしいと私は思っています。

 

 

離乳食での体験談をご紹介しましたが、それ以外にも急成長していく子どもの「やりたい」気持ちを大切にしてあげることで、自分でやってみることの大切さも教えてあげられたらいいなと考えています。


著者:今井さくら

一児(女の子)の母。自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。