赤ちゃんにおやつを与えるときの4つのポイントを離乳食のプロが教えます

2018/12/05 23:00
3
この記事では、保育士であり、離乳食インストラクターの中田馨さんが、赤ちゃんにおやつを与えるときに大切にしたいポイントを4つお話ししています。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
離乳食
おやつ
食育

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。おやつは、赤ちゃんにとって4回目や5回目の食事といわれています。「食事」と言われるとハードルが上がる感じがしますが、今日は赤ちゃんにおやつを与えるときに大切にしたいポイントを4つお話しします。

 

おやつを与えるときに大切にしたい4つのポイント

1. ごはんの代わりになるものを選ぶ

ごはんの代わりになる食材を選びましょう。たとえば、おにぎり、さつまいも、じゃがいも、うどん、かぼちゃ、バナナなどなど。市販のお菓子なら米菓子がベストです。赤ちゃん用で販売されていても、味付けが濃いものもあります。味付けの薄いものを選びましょう。

 

2. 素材の味を生かしたおやつを選ぶ

手作りするとき、さつまいもやじゃがいも、かぼちゃなどをシンプルに蒸すだけでOKです。

 

3. 発達に応じたものを選ぶ

赤ちゃんの発達に合わせて、大きさや硬さなどを見ながらおやつを選びましょう。

 

4. 時間を決めて食べる

できるだけ、「泣くから与える」「グズったら与える」などのタイミングで与えないようにしたほうがいいです。食べる時間は1日の流れでだいたい決めておくようにしましょう。ダラダラ食べが習慣になると、虫歯の原因にもなりますし、食欲不振にもつながります。

幼児期以降のおやつのルールは?

離乳食期が終了し、幼児期に入ったら、おやつはどうしたらいいのでしょう? 幼児期のおやつも同じです。なるべく4つのポイントを参考にしておやつを与えてください。ただ、幼児期は、お友だちからおやつをもらったりすることも多くなってきます。ですので、どこまでOKを出すか「わが家のおやつルール」をつくるといいと思います。

 

 

赤ちゃんにとって、4回目・5回目の食事であるおやつ。あまり難しく考えず、毎日続けられるシンプルなものにするといいと思いますよ。

著者

保育士 中田馨

一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長


0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨“和の離乳食レシピ”blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。

 

BLOG:中田馨“和の離乳食レシピ”blog


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
3

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。