白身魚・赤身魚・青魚 いつから赤ちゃんに食べさせていいの?

2017/03/04 19:00
29
今日は離乳食期のお魚についてお話しします。魚にはDHAを含め、良質なたんぱく質が含まれているので、ぜひメニューに取り入れてくださいね。でも、いつからどんな魚がいいのでしょうか?

 

 

こんにちは。今日は離乳食期のお魚についてお話しします。魚にはDHAを含め、良質なたんぱく質が含まれているので、ぜひメニューに取り入れてくださいね。でも、いつからどんな魚がいいのでしょうか?

 

最初に食べさせていいのは白身魚

javascript:void(0)

 

まず、離乳食でいちばん最初に食べさせていいお魚は、鯛、ひらめ、カレイ、たらなどの白身魚。白身魚は脂肪が少なく、淡白な味、加熱するとやわらかくなるので、5~6カ月ごろ(離乳食初期)から食べさせる魚としておすすめです。加熱したあと、すりつぶして出汁やお湯でのばし、ペースト状にして食べさせてあげてくださいね。

 

白身魚食べていいもの・ダメなものリスト >

 

9カ月ごろからは赤身デビュー!

 

まぐろやかつおなどの赤身魚は7~8カ月ごろ(離乳食中期)から食べされられますが、白身魚に慣れた9~11カ月ごろ(離乳食後期)から食べさせてみましょう。赤身の魚は加熱をするとかたくなりやすいので、ほぐしてあげたり、とろみをつけてあげるといいでしょう。

 

身魚食べていいもの・ダメなものリスト 


脂の多い青魚は赤身魚よりもあとに!

 

脂がのっているほどおいしい青魚は、大人にとってはおいしいものですが、赤ちゃんにとっては少し負担になることも。さんま、さば、あじ、いわしなどは赤身魚にも慣れた9~11カ月ごろ(離乳食後期)以降に与えるようにしましょう。青魚は小骨にも注意が必要です。よくほぐして小骨を取り除いたあとに、熱湯をかけるなどすると、脂を落として食べさせることができます。

 

青背魚食べていいもの・ダメなものリスト >

 

鮭は赤いのに白身魚って本当?

 

ここでちょっと問題です。よくお家で食べる魚である鮭は身はオレンジ色ですが、赤身魚なのでしょうか?実は、農林水産省の分類では白身魚とされています。

 

それでは、5~6カ月ごろ(離乳食初期)から食べていいの?というと、それはちょっと待ってください。鯛やひらめと違って脂肪が多いため、鮭は7〜8カ月ごろからあげるようにしましょう。そして、離乳食期の鮭は、塩鮭ではなく生鮭にしてくださいね。

 

 

離乳食時期のお魚デビューについてわかりましたか?どんな食材でも、初めて食べる食材は、ごく少量から与えるのがお約束です。離乳食が始まったら、赤ちゃんのデビュー食材を記録しておくと安心ですね。

 

 


この記事にいいね!しよう

いいね!
29

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。