医療 妊娠 病気・ケガ 新生児 高齢出産

低出生体重児とは?低出生体重児にならないために妊娠中にできること

17

生まれたばかりの赤ちゃんのイメージ

 

近年日本で増えてきている低出生体重児。その先進国の中でトップクラスと言われています。低出生体重児ってどのくらい小さい赤ちゃんのこと? どうして増えてきているの? 小さく生まれる赤ちゃんのリスクや妊娠中に予防できることってあるの? 今回は低出生体重児について、妊娠中にできる予防策を含めてお話しします。

 

続きを読む

低出生体重児とは?

生まれたときの体重が2,500g未満の赤ちゃんを「低出生体重児」と呼びます。さらにその中でも1,500g未満の赤ちゃんを「極低出生体重児」、1,000g未満の赤ちゃんを「超低出生体重児」と呼びます。日本では出生数が減少してきているものの、低出生体重児の数は増加しています。出生数全体における低出生体重児の割合は、30年前は出生数の5%でしたが、2013年には9.6%にまで増加しています。これは、世界平均の6.8%と比較してもとても高く、先進国の中ではトップクラスといわれています。(※)

 

不妊治療による双子や三つ子など多胎児が増えたことや、新生児医療の進歩によって、超低出生体重児の赤ちゃんも救えるようになったことが増加している大きな原因として考えられています。また、低出生体重児は、早産児(妊娠22週以降37週未満に出生した児)と正期産児(妊娠37週以降に出生した児)に分類されます。つまり、早産のために小さく生まれた赤ちゃんと、子宮内での赤ちゃんの体重増加が少なく正期産で小さく生まれた赤ちゃんとに分けられるということです。

 

子宮内での赤ちゃんの体重増加が少ない要因には、先天性の疾患などの赤ちゃん側の要因や妊娠高血圧症候群などママ側の要因があります。また、極端な体重制限や喫煙や飲酒のリスク、ストレスフルな環境も要因に挙げられています。

 

低出生体重児のリスク

小さく生まれた赤ちゃんはさまざまな機能が未熟です。

 

早産児の場合だと、循環や呼吸機能が未熟、皮膚構造の未熟さや皮下脂肪の少なさから体温調節機能が未熟、免疫機能が未熟で感染を起こしやいなどのリスクがあります。

 

正期産で小さく生まれた赤ちゃんの場合、機能的な面では早産児よりも成熟しているところは多くあります。ただ、生まれてすぐは低血糖になりやすい、呼吸状態が不安定になりやすいという点や、皮下脂肪の少なさから低体温になりやすい、黄疸が出やすいというリスクもあります。また、授乳の時間になってもなかなか起きない、授乳中も眠りがちなことから、なかなか哺乳が進まないということもあるでしょう。また、乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症のリスクも高いと言われています。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

医療の人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。