これって前駆陣痛? 妊婦さんの疑問に助産師が回答します!

2019/01/08 19:00
1
ベビーカレンダーの人気コンテンツ【助産師に相談】の中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。今回は妊娠36週のママからのご相談です。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
妊娠
助産師に相談

前駆陣痛妊婦

 

「気軽に専門家に質問ができて、さらに返信も早い」とママから日々感謝の声が寄せられているベビーカレンダーの人気コンテンツ【助産師に相談】の掲示板。その中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。今回は妊娠36週のママからのご相談です。

 

Q. これは前駆陣痛なのでしょうか?

妊娠36週3日になる初産婦です。ほぼ毎日便は出ているのですが、おなかが張る感じがあったり、それとともに腰も痛くなったりしています。これは前駆陣痛なのでしょうか? 横になっても腰の痛みが引かず、寝れないこともあるので不安です。

 

高杉絵里助産師からの回答

妊娠36週に入り、そろそろお産が近くなりご不安なことも多いと思います。少しずつ、おなかが張る回数が増えたり、それに伴い腰痛も出てきたりします。お産のための準備です。いきなり生まれるときと同じくらい強い張りや痛みが来るとママも赤ちゃんもビックリするので、少しずつ準備がされていきます。

 

この準備が少しずつされることで、赤ちゃんが生まれてくる子宮口が開いてきたり、通ってくる道も軟かくなってきます。また、夜の方がおなかが張るホルモンが多く出るので、夜の方が前駆陣痛が起きやすいですね。規則的な痛みのある張りがどんどん強くなってくるようであればかかりつけの病院に連絡されてくださいね。


お産が近づき不安もたくさんあるかと思いますが、お産のときはママだけではなく、おなかの赤ちゃんも一緒に頑張っていますよ。かわいいお子さんに会えるまでもう少しです。お子さんとの幸せな時間が待っているので頑張りましょうね。

 


※参考:ベビーカレンダー「助産師に相談」コーナー

※診断や具体的な治療については医師の指示にしたがってください

 

前駆陣痛とは?陣痛との違いは?

前駆陣痛とはどのような特徴があるのでしょうか?ここでは、前駆陣痛と陣痛との違いをお話しします。

 

●前駆陣痛
前駆陣痛は、妊娠後期に起こる不規則な子宮収縮で、お産の始まりに先駆けて起こる陣痛です。痛みの強さ、長さ、間隔が不規則で、痛みの感じ方には個人差があります。

 

【前駆陣痛の特徴】
・生理痛や下痢の時の症状に似た感じの痛み
・おなかの張りの強弱が不規則で一定しない
・下腹部が突っ張ったような感覚
・おなかを触ると固く張っているがすぐにやわらかくなる
・圧迫感や不快感がある
・腰痛
・姿勢を変えることで痛みが治まる
・全く症状がない人もいる、など

 

前駆陣痛は、お産の前兆として起こる不規則な子宮収縮です。前駆陣痛が起こらず本陣痛が来る場合もありますし、前駆陣痛が起きる時期もさまざまです。臨月に入ってからの前駆陣痛は、経過を見ていてもよいですが、妊娠37週未満での痛みを伴うおなかの張りは切迫早産の症状でもあるので、早めにかかりつけ医を受診しましょう。

 

●陣痛
「陣痛」というのは、「分娩陣痛」といわれるもので、1時間に6回以上、陣痛周期(お腹の張りはじめから次のお腹の張りはじめまでの時間)が10分以内の規則的な子宮収縮のことを指します。陣痛が起こることで子宮の入り口が柔らかくなり、子宮口が開いて、おなかの中の赤ちゃんが下降し、最終的に外の世界に押し出されます。


【本陣痛の特徴】
・生理痛や下痢の時の症状に似た感じの痛みが徐々に強くなっていく
・おなかの張りの強弱が規則的で間隔が徐々に短くなっていく
・安静にしていても収まらない、など

 

陣痛も最初は前駆陣痛と症状が同じなので、判断がつかないことがあると思います。しかし、陣痛の場合は、徐々に痛みが強くなり、痛みの間隔が短くなります。陣痛間隔を計って記録しておきましょう。陣痛間隔をカウントできる無料のアプリもあるようなので、そちらを活用してもよいですね。

 

初産婦の場合は、陣痛の間隔が10分おき、経産婦の場合はおなかの張りが15分おきになったら産院に電話連絡するように言われることが多いです。そのときの様子で、産院より、もう少し自宅で様子を見ましょうとか、すぐに来院してくださいなど、その後の対応について指示が出るので、慌てないように準備をしておきましょう。

 

前駆陣痛が来たらどうする?

前駆陣痛から陣痛が始まるまでの期間は個人差があります。前駆陣痛はしばらく安静にすると痛みがなくなりますが、忘れた頃に痛みが起こることもあります。前駆陣痛が来ると、陣痛になるのではないかと、時計とにらめっこ状態になることもあるでしょう。

 

夜間に前駆陣痛が来ると気になって寝付けず、睡眠不足になってしまうことも。前駆陣痛の段階で体力を消耗してしまうと、陣痛が来たときに微弱陣痛になってお産が長引いてしまう恐れもあります。休めるようであれば睡眠を優先し、お昼寝するなどして睡眠不足にならないようにしていきましょう。

 

また、痛みで食欲が低下し、食事の量が減ってしまうこともあります。こちらも睡眠同様、本番でエネルギー不足にならないよう、好きな食べ物や軽食、栄養補給ゼリーや水分などを摂取するようにしましょう。

 

音楽を聴いたり心と身体もリラックスするアロマを使用し、香りで気分を変えることもひとつの方法です。アロマセラピーを活用している産院もありますから、妊娠中のおすすめのアロマなど相談しておくのもよいでしょう。


※参考:基礎知識(妊娠中)「前駆陣痛とは?陣痛との違いや痛みや特徴、対処法を解説」【監修者:助産師 REIKO

  • ベビーカレンダーは、妊娠や育児のお悩みを抱えたママさんの強い味方でありたいと思っています。自分だけではどうしても解決できなかったとき、不安で仕方がないときは本物の助産師や管理栄養士がリアルタイムでお悩みや質問にお答えする『助産師に相談』『管理栄養士に相談』の掲示板をぜひご活用ください!

 

 

◆関連動画 出産ドキュメンタリー(通常分娩)


この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。