保育士が教えます!赤ちゃんが靴を履くのを嫌がるときの対処法

2019/01/20 20:00
4
この記事では、保育士の中田馨さんが靴を履くのを嫌がる赤ちゃんについてお話しします。まずは、赤ちゃんが靴を嫌がったときにママができること、そして、赤ちゃんの靴の選び方のポイントをお伝えします。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:

赤ちゃんへの靴のイメージ

 

こんにちは、保育士の中田馨です。「歩くようになったから靴を履かせてみようと思うんですが、赤ちゃんが靴を履くのを嫌がるんです」「履いたはいいけど、靴で立とうとしないんです」そんな話をママから聞くことがあります。

 

そんな赤ちゃんが靴を嫌がるときにママができることをお話します。

 

靴嫌いを直す3つのポイント

靴を履くと楽しいことにつながることを伝える

靴を履くと「お外に行って自分で歩けて楽しいんだよ」ということを赤ちゃんに伝えましょう。時間がかかるかもしれませんが、毎日少しずつ取り組んでみましょう。

 

無理強いせずにチャレンジ

赤ちゃんにとっては生まれて初めての靴です。その履いた感じが苦手な子もいます。最初は無理強いはせず、でも、チャレンジをするということをしてみましょう。

 

赤ちゃんに靴が合っているかを確認

まずは赤ちゃんの靴を見直してみましょう。今履いている靴が赤ちゃんの足に合ったものかを確認します。


赤ちゃんの靴選びのポイント

ここでは赤ちゃんの靴を選ぶときの3つのポイントをお伝えします。

つま先

つま先は細くなく広めがいいですね。さらに、横から見たときにつま先が少し反りあがっているものがおすすめです。 

 

赤ちゃんの靴はすっぽり脱げやすいです。そのため、ファスナーなどがあり、しっかり閉められるものを選びましょう。また、赤ちゃんによっては甲が高く、甲が低い作りの靴が履きにくい子もいます。

 

大きさ

つま先に5~10mmほどの余裕があったほうがいいといわれています。すぐにサイズアウトしてしまうので、3〜4カ月に1回はサイズを測ってあげましょう。

 

 

私も息子が1歳ごろ、デザインが良かったので試し履きもさせずに靴を購入しました。その靴は、幅が細く、甲が低く、材質が固く、息子は「イタイイタイ」と言っていました。赤ちゃんの足も大人の足と同じように一人ひとり違います。靴を購入するときは必ず試し履きをしましょうね。

 

著者

保育士 中田馨

一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長


0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨“和の離乳食レシピ”blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。BLOG:「中田馨“和の離乳食レシピ”blog


この記事にいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。