【買ってよかった】1歳からのはじめてのお絵描きに★超便利グッズ3

この記事では「クーピーペンシル」や磁石で描いたり消したりできる「おえかきがっこう」など、子どものお絵描きグッズについて紹介しています。

お絵描きのイメージ

 

1歳くらいから始まるお絵描き。子どもたちはペンで描いた線を見て、ペンから線が出てきたような不思議さに夢中になり、いつまでもお絵描きをする子も出てきます。子どもに持たせるとなると、クレヨンや色鉛筆が最初に浮かびますが、クレヨンは手や机がベタベタに、色鉛筆は筆圧が強いことの多い1歳児くらいだと芯が折れて、すぐに削らなくてはならなくなります。そんなときにとっても便利なグッズがあるのです!

 

続きを読む

超優秀!「クーピーペンシル」

 

子どものころ、パパやママたちも使ったことがあるであろう「クーピーペンシル」。「クーピーペンシル」なら手は汚れないし、ペン自体がすべて芯なので、グルグル線を描いているだけの1歳くらいならわざわざ芯を削る必要もありません。お絵描きが大好きだったわが家の娘も、クレヨンや色鉛筆だと問題が……。そんなとき、先輩ママに教えてもらい早速購入! 大変便利でした。

 

描いて消せる玩具もラクチン

 

磁石で描いたり消したりできる「おえかきがっこう」という玩具も、パパやママたちが小さいころからあるもののひとつかと思いますが、これも便利。描いてすぐ消すことができ、手が汚れることもありません。最近では、小さいものであれば「おえかきがっこう」と似たような玩具を100円ショップでも目にするようになりました。まずは100円ショップで購入し、お子さんが興味を持ったら「おえかきがっこう」を買うといいかもしれません。

 

大きめのお絵描き用紙

 

小さい子だと、勢いよく描いて紙からはみ出してしまいがち。大きめのスケッチブックや包装紙など、できるだけ大きめの紙を用意してあげると子どもも伸び伸びとお絵描きしてくれるように思います。

 

絵を描き始める1歳くらいは、どんどん上手になっていきます。ちょっと絵が変わってきたな、というポイントポイントで絵をとっておくと上手になっていく様子を後から観察できますよ。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターカトウ ヒロコ
    メンタル心理カウンセラー・上級心理カウンセラー

    メンタル心理カウンセラー・上級心理カウンセラー。また、フリーのWEBプロデューサー&ライターとして活動中。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    グッズの新着記事

  • PICKUP