離乳食のはじめどきは?遅らせてもいいの?口から出してしまうときは?

2019/01/25 12:00
12
生後5・6カ月の赤ちゃんの離乳食に関して、お口の発達の観点からみる適切な進め方を日本歯科大学の田村先生にお話ししていただきました。赤ちゃんがおっぱいやミルク大好きでもやはり始めたほうがいいの? お口に入れたけれど出してしまうが続けたほうがいいの? そんなママたちのお悩みに答えてくれました。

離乳食を食べている赤ちゃんのイメージ

 

こんにちは、日本歯科大学の田村です。離乳食を考えだしたママや開始したばかりのママからは、たくさんのご相談があります。今回は、中でも多い離乳食の開始に関して、また上手にゴックンができないというケースについてお話ししたいと思います。

 

離乳食のはじめどきって?おっぱいが大好きだから遅らせてもいい?

一般的に離乳食は生後5・6カ月よりスタートするのが望ましいと言われていますが、それでもママたちから自分のお子さんにとって適切な開始時期、タイミングが分からないというご相談は多いです。赤ちゃんはこの頃はおっぱいやミルクが大好きな場合が多いので、離乳食を開始しなくてはいけないものなのかと悩んでしまうのだと思います。ですが離乳食開始期は、食べ物から栄養を補うというよりも赤ちゃんが食材に慣れることを目的としています。赤ちゃんが大人の食事のときにじっと見ている、よだれが出ているという反応があったり、ママの支えがあればおすわりができたり、スプーンを口に当てても嫌がらない様子がみられるようでしたらぜひ開始してください。

 

いざ開始するも、ゴックンできない。出してしまうが…

次に多いお悩みは「離乳食を開始してみたけれど食べない」あるいは「口に入れると出してしまう」というものですが、こちらは食事の形状を変えることで解決するかもしれません。


離乳食を開始した時期の赤ちゃんのお口の処理機能はまだまだ単純です。お口の中に入ってきたものを飲み込むことしかできません。そのため、ペーストの中につぶつぶが残っていると、口やのどにつぶつぶが残ってしまい、喉にひっかけてしまったり、むせてしまったりすることがあります。またそのようなときはぺっと、出したくなってしまうでしょう。そのため、この時期の離乳食はしっかりつぶつぶをすり鉢でつぶして滑らかなペーストにしてあげることが大切です。

 

ペーストが滑らかに作れていないがために食べてくれない、という結果につながっている場合もありますので、赤ちゃんが出してしまう、食べてくれないなどの場合は滑らかさ加減を見直してみましょう。


ただし、食事の形状を変えても食べてくれないこともよくあります。そのようなときは、まだ離乳食よりもおっぱいやミルクの方がいいのかもしれません。急いで離乳食を開始しなくても大丈夫です。赤ちゃんのペースに合わせましょう。

 

まとめ

おっぱいやミルクを飲んでいた赤ちゃんにとって、離乳食はすべてが初めての体験。この時期は、食事の雰囲気やスプーンの感触などに赤ちゃんが慣れるための時期です。赤ちゃんが「食事って楽しい」と思えるようにママも一緒に楽しめるといいですね。もし、飲み込むのが難しいとか、あまり食べたがらないような場合は、少し開始を遅らせてみるのもひとつです。あまり焦らずに進めていきましょう。

 

監修者

医師 田村 文誉 先生

教授


昭和大学歯学部入局後、歯学博士を取得。その後、米国アラバマ大学歯学部へ留学。帰国後は日本歯科大学に入職し、講師やマタニティ歯科外来、口腔リハビリテーション科科長などを経て、現在、日本歯科大学教授。


経歴

1989年3月 昭和大学歯学部卒業

1989年4月   昭和大学歯学部 第三補綴学教室入局  

1991年4月 昭和大学歯学部 口腔衛生学教室入局 

1997年2月 歯学博士取得

2001年〜2002年 米国アラバマ大学歯学部 補綴学・生体材料学教室留学

2004年4月 日本歯科大学 講師

2007年4月 日本歯科大学 准教授

2010年4月 日本歯科大学 マタニティ歯科外来 併任(2012年まで)

2012年4月 日本歯科大学 口腔リハビリテーション科科長

2013年4月 日本歯科大学  教授



この記事にいいね!しよう

いいね!
12

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。