離乳食のプロが答えます!赤ちゃんは漬物やキムチをいつから食べられる?

2019/01/29 23:00
0
この記事では、保育士であり離乳食インストラクターの中田馨さんが、赤ちゃんは漬物やキムチをいつから食べられるのかお話ししています。

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。ご飯のお供として大人にとってはおいしい漬物やキムチですが、赤ちゃんはいつから食べられるのでしょうか。

 

赤ちゃんはいつから食べられるの?

結論から言うと離乳食期の赤ちゃんには漬物やキムチは与えないほうがいいでしょう。塩分が多く、刺激がある(辛い) から、というのが理由です。ではいつから食べられるのでしょうか。

 

漬物は幼児期後半から、キムチは小学生になってから、を目安にすることをおすすめします。無理に食べさせる必要はありませんし、子どもが欲しがらなければ食べなくてもOKかと思います。子どもが小さいうちは、お湯で洗って味を薄めたり、少量だけ食べる、頻繁に食べないなどを心がけるといいかなと思います。

 

 

大人が食べたいときはどうすればいい?

では、大人が食べたいときはどうしたらいいのでしょうか。赤ちゃんに隠れて食べるほかにも、赤ちゃんの目の前で食べるときには「辛いんだよ」などと言って、食べられないことを伝えましょう。

 

これも子どもの性格によるのですが、たとえばわが家の場合、息子は「辛いんだよ」と言うと絶対食べない子でしたが、娘は「私も食べさせて!」と言う子でした。

 

「お母さんがおいしそうに食べているものはおいしいに決まっている」ということを、小さいころから彼女は知っていたのでしょうね。あまりに欲しがるので、どうせ嫌がるだろうと少量のキムチを与えると「おいしい!」と言ったので、しばらくの間、キムチが食卓から消えたこともありました。幼児期になってもルールを守りながらおいしく漬物と付き合いたいですね。

 

著者

保育士 中田馨

一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長


0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨“和の離乳食レシピ”blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。BLOG:「中田馨“和の離乳食レシピ”blog


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。