食・レシピ 離乳食 コツ・ヒント マナー・しつけ 離乳食後期 離乳食完了期 手づかみ食べ

ママがイライラしてしまう! 手づかみ食べって必要なの?

手づかみ食べのイメージ

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田 馨です。9~11カ月ごろ(離乳食後期)は、食べ物を手でグチャグチャしがちな手づかみ食べの時期といわれています。食べ終わったら赤ちゃんの手や顔は離乳食でグチャグチャ、テーブルや床も離乳食が散らかっていて、食べたあとの後片付けが大変! 手づかみ食べって必要なの? と思ってしまいますね。今日は手づかみ食べのいいところをお話ししますね。

 

続きを読む

手づかみ食べの利点

「手づかみ食べが大切」と言われても、本当に必要なのかな? というママの気持ち、とってもわかりますよ。私の長男もグチャグチャ、ポイポイして口には入れず……という時期がありました。毎回、「あ~あ……」といった気持ちでした。でもね、手づかみ食べの利点を聞くと手づかみ食べに対する意識が変わるかもしれません。

 

手の感覚機能が発達

食べ物の感触を手で感じることは、手の感覚を発達させます。たとえば、豆腐とにんじんだと、やわらかさが違いますよね。にんじんだったら多少力を入れても潰れない。でも豆腐だったら潰れてしまう。そんなやわらかさの違いを知ることも発達を促してくれます。

 

食べる意欲増進

自分で食べることで「食べる意欲」が増進します。「僕(私)は自分で食べているんだ」って思うと赤ちゃんも楽しいです。「実は横からママが補助しているんだよ」ということには気付かれないように、コッソリと補助してあげましょう。

 

赤ちゃんがグチャグチャするときのコツ

少量だけ赤ちゃんの前に出す

1食すべての量を赤ちゃんの手づかみ用のお皿に入れてしまうと、グチャグチャ、ポイポイしてすべてなくなることがあるので、赤ちゃんが手づかみする分だけお皿に入れてあげるといいですね。ママが横からお手伝いして食べさせる分とお代わりする分は、別に置いておくとママのストレスも少ないです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。