ママがイライラしてしまう! 手づかみ食べって必要なの?

2019/03/05 20:00
5
この記事では、保育士で離乳食インストラクターの中田馨さんが、手づかみ食べの利点や赤ちゃんがグチャグチャするときのコツ、手づかみ食べをラクにするポイント等を紹介しています。

手づかみ食べのイメージ

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田 馨です。9~11カ月ごろ(離乳食後期)は、食べ物を手でグチャグチャしがちな手づかみ食べの時期といわれています。食べ終わったら赤ちゃんの手や顔は離乳食でグチャグチャ、テーブルや床も離乳食が散らかっていて、食べたあとの後片付けが大変! 手づかみ食べって必要なの? と思ってしまいますね。今日は手づかみ食べのいいところをお話ししますね。

 

手づかみ食べの利点

「手づかみ食べが大切」と言われても、本当に必要なのかな? というママの気持ち、とってもわかりますよ。私の長男もグチャグチャ、ポイポイして口には入れず……という時期がありました。毎回、「あ~あ……」といった気持ちでした。でもね、手づかみ食べの利点を聞くと手づかみ食べに対する意識が変わるかもしれません。

 

手の感覚機能が発達

食べ物の感触を手で感じることは、手の感覚を発達させます。たとえば、豆腐とにんじんだと、やわらかさが違いますよね。にんじんだったら多少力を入れても潰れない。でも豆腐だったら潰れてしまう。そんなやわらかさの違いを知ることも発達を促してくれます。

 

食べる意欲増進

自分で食べることで「食べる意欲」が増進します。「僕(私)は自分で食べているんだ」って思うと赤ちゃんも楽しいです。「実は横からママが補助しているんだよ」ということには気付かれないように、コッソリと補助してあげましょう。

 

赤ちゃんがグチャグチャするときのコツ

少量だけ赤ちゃんの前に出す

1食すべての量を赤ちゃんの手づかみ用のお皿に入れてしまうと、グチャグチャ、ポイポイしてすべてなくなることがあるので、赤ちゃんが手づかみする分だけお皿に入れてあげるといいですね。ママが横からお手伝いして食べさせる分とお代わりする分は、別に置いておくとママのストレスも少ないです。


手づかみ食べをラクにするポイント

この時期にママができることがあります。少しでもラクにする工夫として参考にしてくださいね。
 

ママは手づかみ食べを見守る

赤ちゃんの食べ方が気になるとは思いますが、できる限り赤ちゃんの手づかみ食べを見守ってあげてましょう。
 

環境を整える

たとえば、机と椅子の下にレジャーシートを敷く。赤ちゃんのエプロンはポケットの付いたものを使う。濡れたふきんを用意しておくなど、環境を整えるとママのストレスも軽減されますね。
 

グチャグチャするのがひどくなってきたら

もし、グチャグチャするのがひどくなり、離乳食を食べないようでしたら、食事終了でOKです。食事時間のメリハリも伝えていくのもいいことですね。


少し手間に感じる手づかみ食べかもしれませんが、保育現場を見ていて感じることがあります。それは、手づかみ食べをしっかりしたお子さんはその後のスプーンやお箸への移行もスムーズだということです。ぜひ手づかみ食べをさせてあげてくださいね。

 

著者

保育士 中田馨

一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長


0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨“和の離乳食レシピ”blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。BLOG:「中田馨“和の離乳食レシピ”blog



この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。