食・レシピ 離乳食 食べていいものダメなもの 幼児食

赤ちゃんは噛みちぎりにくい食べ物をいつから食べられるようになる?

こんにゃくのイメージ

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食が進んでさまざまな食材が食べられるようになってくると、「これはいつから食べられるのかな?」と悩むことがあると思います。

 

たとえば、こんにゃくなどの噛みちぎりにくい食べ物。「ある程度、大きい食べ物を食べられるようになったからもう大丈夫かな?」と思いますね。今日は、こんにゃくなどの噛みちぎりにくい食べ物はいつから食べられるのかをお伝えします。

 

続きを読む

離乳食期に噛みちぎりにくい食べ物はNG

こんにゃくなどの噛みちぎりにくい食べ物は、離乳食期はNGと考えてください。赤ちゃんの咀嚼力は未熟です。また、歯も生えそろっていません。弾力のある食材は、そんな赤ちゃんのお口の発達にはまだ向いていな食材と言えます。最悪の場合、のどに引っかかり、窒息などにつながることがあります。

 

噛みちぎりにくい食べ物の代表例

こんにゃく、するめ、団子、もちなどが代表例です。

 

また、消費者庁の窒息事故のデータを見ると、12歳以下の子どもでもご飯、おかゆ、パン、寿司、りんご、バナナ、カップ入りゼリーなども挙げられています。噛みちぎりにくくなくても、身近な食べ物でも事故は起きることがあります。

 

噛みちぎりにくい食べ物は3歳以降を目安に、その子の発達状況に応じて与える時期を選んでください。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。