マンガ 体験談 マンガ まるる

ウソ!まさか、産むまでできないなんて…! #無痛分娩レポート 2

2018年生まれの男の子を育てる、まるるさん。ブログ「よーさんと私と」のなかから、無痛分娩の貴重なエピソードをお届けします! 2話目の今回は、内診グリグリで弱り切ったまるるさんに、さらなる試練が!?


無痛分娩レポ

 

続きを読む

前処置で瀕死

計画分娩当日には、子宮口が3cmくらい開いているほうがいいらしく、内診のときの開きが2cmだったので(おそらく)バルーンを挿入されました。うわさでバルーンは痛いと聞いていましたが、実際やってみて思ったのは内診グリグリのほうが圧倒的に痛かったです。「えっバルーン? いつの間に終わったの!?」レベルでした。

 

そして刺激されたことにより生理痛な痛み(おそらく前駆陣痛だったのかな?)に、午後10時まで襲われたのでした。といっても本当に生理痛レベルの痛みだったので内診グリグリと比べればかわいいものでしたけれど!

 

絶食指示

夜9時以降は食べ物禁止、夜10時以降は飲み物ですら禁止と言われてびっくり。ほかの人の無痛分娩体験を聞いたときには普通に飲み食いしていたと聞いたので、私も食べる気満々だったのですが、どうやら某大学病院では産むまで一切の飲み食い禁止のようです。

 

「うがいぐらいならしてもいいよ」って言われたけど「うがいって! なんの慰めにもならんわ!」と強く思ったのを覚えています。

 

監修/助産師REIKO

著者

イラストレーター まるる


夫、2匹の猫とともに、2018年3月生まれの息子を育てるママ会社員。息子の育児絵日記や夫との日常などをブログに綴っています。実はものすごい長文を書くのも好き。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。