マタニティショーツは使うべき?メリットは?選び方はどうする?

2019/08/29 12:30
2
この記事ではマタニティショーツについて、専門家監修のもと解説します。マタニティショーツには、深ばき、浅ばき、ゴムなし、大きくわけて3つの種類があります。それぞれの特徴を理解して、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
マタニティ

妊婦さんのイメージ

 

妊娠したら必要になるマタニティインナー。マタニティショーツは、その大きさから「ただのデカパンなのでは…?」と思う人も多いはず。「普通の下着で十分じゃない?」と思われがちなマタニティショーツですが、実は妊婦さんにとってうれしい工夫がたくさん施されている特別な下着なのです。ここでは、そんなマタニティショーツの利点や種類、はき替えのタイミングについて解説します。

 

なぜマタニティショーツが必要?

妊娠に伴い、おなかが大きくなるのはもちろん、ホルモンバランスの影響で、つわりや乾燥による肌トラブルも増加します。おなかが大きくなると皮膚が引き伸ばされ、かゆみの原因に。基礎体温が上がり、赤ちゃんへ栄養を送るため血液量も増えることから、妊娠前に比べて汗もかきやすくなります。

 

そんな妊婦さんの体を考慮し、不快感を減らすために作られたのがマタニティショーツ。通気性、吸湿性にすぐれた素材を使用し、デリケートな妊婦さんの肌でも安心して使えるように作られているのが特徴です。大きくなるおなかを圧迫せず、ヒップ部分はスッキリ見せる設計で、妊婦さんの大敵である冷えからもしっかり守ってくれます。普通の下着では解消できない、妊娠期特有の不快感を緩和してくれるのが、マタニティショーツなのです。

 

主なマタニティショーツの種類と選び方について

マタニティショーツには、深ばき、浅ばき、ゴムなし、大きくわけて3つの種類があります。それぞれの特徴を理解して、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

●マタニティショーツの種類
・深ばきタイプ
マタニティショーツと聞いて誰もがイメージするのは、この「深ばきタイプ」でしょう。おなかとお尻をすっぽり包むデザインで、おなかを冷えから保護してくれるのが特徴です。伸縮性があるので、臨月まで安心して使えます。ゴムまわりや足の付け根にピコレースなどをあしらったものもありますが、肌が弱い人はできるだけシンプルなものを選ぶようにしましょう。

 

・浅ばきタイプ
おなかが小さい妊娠初期の妊婦さん、深ばきタイプに抵抗がある妊婦さんに人気の「浅ばき」タイプ。下腹部下の位置でおなかを支える仕様で、腹帯と併用して使う人も多いようです。産後も続けて使えるメリットも。

 

・ゴムなしタイプ
おなかにゴムを使わないタイプ。締めつけがなく肌にやさしくフィットするので、はき心地は抜群です。足の付け根のゴムが気になる場合は、ボクサータイプがオススメ。下着のラインがシルエットに響かないので、パンツスタイルが多い人に人気があります。

 

●マタニティショーツの選び方
デリケートな妊婦さんの肌にオススメなのは、なんといっても、汗をしっかり吸収する綿100%素材。できればオーガニックのもので、洗濯を繰り返してもくたびれない丈夫な素材のものを選ぶとよいでしょう。クロッチ部分は白色のものを。色や量などおりものの変化に気づきやすく、体調管理の目安になります。妊娠による体の変化を想定して設計されているため、サイズは妊娠前と同じもので問題ありません。妊娠前にMサイズを購入していた人は、マタニティショーツもMサイズを選んでOK。ただし、妊娠中にキツく感じるようになったら、1サイズ大きいものに買い替えを。おなかの大きさには個人差があるので、そのときのサイズに合わせ、臨機応変にチェンジするようにしましょう。

 

●マタニティ用ショーツ サイズチェック表

              サイズ
           (呼び方)

主要身体寸

(腹 囲)                       

 基本身体寸法
(ヒップ)
マタニティM・27                                           78~92 85~95
マタニティM~L・39 78~110 85~103
マタニティL~LL・39 88~120 90~108


 

※参考:ワコールマタニティ「サイズチェック(産前27週・産後用ショーツ・産前39週用ショーツ・2ayマミーショーツ・おなかすっぽりパンツ)」

 

●枚数は?
妊娠中はおりもの量も増えるため、洗い替えの頻度が上がることも。4~5枚あれば問題ないでしょう。3枚セットなど、まとめ買いできるものを選ぶと経済的です。

 

はき替えるタイミングは?

マタニティショーツへの履き替えはなるべく早いタイミングで、妊娠がわかったらすぐに購入を検討するようしましょう。妊娠初期はまだおなかの大きさは目立ちませんが、つわりや肌トラブルが目立つ時期。おなかの大きさが目立ち始める妊娠中期以降は、あっという間におなかが大きくなるので、どうせなら、妊娠初期のうちに購入しておくのがオススメです。

 

まとめ

マタニティショーツのメリットについて説明しましたが、実際にはいてみて使用感を確かめてみるとその心地よさが実感できるはず。最近は、ブラとお揃いなど、かわいいデザインのマタニティショーツも増えてきているので、妊娠中も下着のおしゃれが楽しめます。伸縮性や素材感などは、商品を実際に手にしてみないとわからないので、まずはマタニティ専門店などで実物を手にとって試してみてはいかがでしょうか。妊娠期間をより快適に過ごすため、体型やライフスタイルを考慮して、自分に合ったマタニティショーツを選びましょう。

 

監修者・著者

助産師 REIKO


医療短期大学専攻科(助産学専攻)卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務。 大学附属病院で助産師をしながら、私立大学大学院医療看護学研究科修士課程修了。その後、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。



この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。