すご!泣くほど激痛の内診、痛くなくなるってマジ? #無痛分娩レポート 5

5話目の今回は、ついに麻酔が効果を発揮、あの内診が痛くなくなる!? 2018年生まれの男の子を育てる、まるるさんの無痛分娩の体験絵日記をお届けします。【まるるさんの無痛分娩レポート】

2018年生まれの男の子を育てる、まるるさん。ブログ「よーさんと私と」のなかから、無痛分娩の貴重なエピソードをお届けします! 5話目の今回は、ついに麻酔が効果を発揮、あの内診が痛くなくなる!?


無痛分娩レポート

麻酔の効果

「あの激痛の内診が痛くなくなるなんて、麻酔ってスゴイ……!!!」と感動しました。このときは陣痛が来てなかったので陣痛の痛みが想像できず、比較対象にならなかったんですよね……。

 

無痛分娩における麻酔投与

この病院ではスイッチを押すと麻酔が適量投与される仕組みになっていました。マンガにも書いてありますが、麻酔の量はあらかじめ調整してあるので、ちょっとでも痛いと思ったらすぐに押していいらしいです(麻酔医さんいわく、「軽い生理痛みたいな痛みでも押していい」とのことでした)。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターまるる

    夫、2匹の猫とともに、2018年3月生まれの息子を育てるママ会社員。息子の育児絵日記や夫との日常などをブログに綴っています。実はものすごい長文を書くのも好き。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶