「全然痛くない」子宮口6cmなのに寝ちゃうほど余裕で…? #無痛分娩レポート 6

】6話目の今回は、麻酔を投与してから数時間、全然痛くないのに子宮口は開いてきて……!? 2018年生まれの男の子を育てる、まるるさんの無痛分娩の体験絵日記をお届けします。【まるるさんの無痛分娩レポート】

2018年生まれの男の子を育てる、まるるさん。ブログ「よーさんと私と」のなかから、無痛分娩の貴重なエピソードをお届けします! 6話目の今回は、麻酔を投与してから数時間、全然痛くないのに子宮口は開いてきて……!?


無痛分娩レポート

麻酔の効果

このときの診察では麻酔を1回投与しただけだったのですが、それでも通常と比べると痛みがかなり軽減されました。1回だけとはいえ「麻酔の効果すごいなあ!」と思ったのを覚えています。

 

もともと麻酔の効きはかなりいいほうだと思うのですが、陣痛促進剤を複数回増やしてもまったく痛くならないので、本当に陣痛促進剤が入っているか不思議なくらいでした。

 

ネットとかで見ていると、点滴タイプの陣痛促進剤は錠剤タイプよりも効きがよく、そして自然に陣痛が来るよりも痛いと書いてあったのですが……。痛いどころかTwitterで実況しまくったり、もはや実況することもなくて暇すぎて寝ていたという(笑)。

 

『コウノドリ』で妊婦さんと旦那さんが寝ていたシーンは最初見たとき「陣痛が起きてるのにそんなことある?」と思っていましたが、ほかならぬ私が一番ぐっすり寝ていました(笑)。

 

子宮口6cm

それでも子宮口が6cm開いているし、張りは3分間隔とかにはなっていたので、着実に効いてはいたんでしょうね~。このペースでいくとしたら、早ければ15時ぐらいには生まれるかもしれないと言われて、とてもドキドキしたのを覚えています。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターまるる

    夫、2匹の猫とともに、2018年3月生まれの息子を育てるママ会社員。息子の育児絵日記や夫との日常などをブログに綴っています。実はものすごい長文を書くのも好き。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶