離乳食作りがラクになる! 使ってよかった便利なアイテム3選

この記事では、先輩ママが実際に使って離乳食作りがラクになったアイテムを3つ紹介しています。すり鉢・すりこぎ、ミニソースパン、マジックブレットの3つです。

離乳食グッズ

 

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、離乳食作りがラクになったという便利アイテムをママが紹介します。

 

わが子の離乳食が始まったとき、筆者は慣れない離乳食作りにあたふたしていました。5~6カ月ごろ(離乳食初期)はおもゆやおかゆくらいでよかったけれど、だんだんいろいろなものを細かくしたり潰したりする手間が増え……。試行錯誤するなかで、自分がラクに離乳食を作れる道具を見つけることができました。

 

続きを読む

すり鉢とすりこぎ

すり鉢とすりこぎ

 

娘が生後2カ月のころから2年間、栃木県宇都宮市に住んでいた筆者。せっかく栃木に来たのだからと県内の観光をしているときに出合ったのが、この益子焼のすり鉢です。

 

ちょうどいい大きさと持ち手があるこのすり鉢は、特に5~6カ月ごろ(離乳食初期)に活躍してくれました。すりこぎのゴツゴツとした手作りの感じも気に入っています。すり鉢もすりこぎも見た目がとても好みなので、楽しく離乳食を作ることができました。

 

ミニソースパン

ミニソースパン

 

7~8カ月ごろ(離乳食中期)になると少しずついろいろな具材が食べられるようになりますが、具材は細かく刻む必要があったり味付けを薄くしなければならなかったりするため、大人の料理とは分けて調理をしていました。そのときに活躍してくれたのがミニソースパンです。

 

少ない量を調理しやすい片手鍋なので、スープ作りにもおかず作りにも活躍してくれました。離乳食作りだけでなく、1食分のお味噌汁を作ったり冷凍したご飯を蒸して解凍したりとさまざまな場面で使える便利な鍋です。

 

マジックブレット

マジックブレット

 

以前プレゼントでもらったまま、棚の中で眠っていたわが家のマジックブレットでしたが、離乳食作りに使えると気づいてからはフル活用! 離乳食のおかゆやおかずを大量に作るときは、マジックブレットで一気に細かく刻んで製氷皿に分けて冷凍保存していました。

 

5~6カ月ごろ(離乳食初期)のころは毎食おかゆを作ったり野菜をすりつぶしたりしていましたが、だんだん食べる量が増えてからはマジックブレットを利用することが多かったです。離乳食が終わった今でもスープ作りやドリンク作りに使っています。

 

 

料理自体があまり得意ではなく苦手意識が強い筆者は、栄養バランスや調理法に特に気をつけなくてはならない離乳食作りが苦手でした。しかし、自分に合った道具を使ってラクに作れる方法を知ってからは楽しく作ることができるようになったのでよかったです。


※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライター吉川麻和

    一児の母。娘の出産を機に仕事を退職し、現在は子どもの成長に合わせた働き方を模索中。不妊治療の経験や子育て経験に基づき執筆中。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    グッズの新着記事

  • PICKUP