医療 助産師REIKO 出産 陣痛 帝王切開 陣痛促進剤 会陰切開

「出産のとき〇〇したい!」バースプランのメリットと具体的な書き方

67
この記事では、助産師のREIKOさんがバースプランについて紹介しています。積極的にお産に臨むことができるなどママ側のバースプランのメリット、妊婦さんとの信頼関係が深まるなど医療側のバースプランのメリット、バースプランの立て方などをママの声を交えてお話しします。

バースプランのイメージ

 

こんにちは! 助産師のREIKOです。「バースプラン」って言葉を妊婦健診のときや母親学級などで耳にしたことのあるママもいらっしゃると思います。バースプランを簡単に説明すると、「自分がどのようなお産をしたいかを具体的に書いた計画書」のことです。

 

でも、実際にバースプランを立てるとなると、どうすればいいの? というママも多いのではないでしょうか? 今回は、どうしてバースプランが必要なのか、具体的にどのようなことを書いたらよいのかなど、実際のママの声も交えてお話ししたいと思います。

 

続きを読む

ママ側のバースプランのメリット

バースプランを立てるとき、どのようなお産にしたいかを書き出すことで自分がお産についてどのような考えを持っているか、お産に対するイメージなどを整理することができます。そして、改めて「自分のお産」として受け入れることで、積極的にお産に臨むことができるようになります。

 

実際に、「出産のイメージがしやすくなった」「お産に臨む気持ちが高まったからよかった」「子どもを迎える心づもりができたように思う」など、バースプランを立ててよかったというママも多くいらっしゃいました。

 

医療者側のバースプランのメリット

バースプランに書かれた内容を見ることで、医療者、特にお産にかかわる助産師が、妊婦さんがどのようなお産を希望しているかだけでなく、妊婦さん自身をより理解することができるようになります。

 

そして、妊婦さんと助産師がバースプランについて、実現できる内容か? 難しい場合はどうするか? など、話をすることで、信頼関係もより深まります。お互いがわかりあっていると、お産のときも安心ですよね。

 

バースプランの内容って?

では、実際にバースプランを立てるとなった場合、どのようなことを書いたらいいのでしょうか?

 

産院によっては、決められた用紙が準備されているところもあると思います。「最初は宿題のようで気が重かった」という方もいらっしゃいましたが、産前、陣痛の間、出産のとき、出産直後、産後の過ごし方、赤ちゃんについて、ご主人やご家族について、産院のスタッフについてなど、まずは自由に自分の考えを書き出してみましょう。

 

「夫の立ち会い分娩でカンガルーケアをしたい」「へその緒がある程度の長さだったら、切る前に繋がっている状態で抱っこしたい」「胎盤を見たい」など、ママたちはいろいろなプランを考えていますよ。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

医療の人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。