「大変だね…」友人とカフェランチ中に驚かれたこと【妊娠糖尿病を乗り越え42歳で出産7】

2020/12/07 19:25
13
「妊娠糖尿病を乗り越え42歳で出産」第7話。退院し家に帰ってからも、赤ちゃんが生まれるその日まで血糖値測定とインスリン投与を続けなければなりません。事前に友だちには妊娠糖尿病であることを伝えていたけど、実際に目にすると驚いていたようです。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ
じゅの

ベビーカレンダーをご覧のみなさん、こんにちは。2018年4月生まれの男の子を育てています、じゅのです。私は40歳で入籍、41歳で妊娠しました。出産時は42歳。不妊治療をしていたわけでもなく赤ちゃんを授かったのは本当に奇跡的なことでした。


今回は、妊娠糖尿病になってしまったお話の第7話です。

 

妊娠糖尿病と診断されて入院し、自分で血糖値を測ったりインスリンを自宅でも打てるように教えてもらってなんとかマスター。

 

栄養士さんからの食事指導も受けて、退院しましたが……。

じゅのさん7_1

じゅのさん7_2

じゅのさん7_3

じゅのさん4

 

退院し家に帰ってからも、赤ちゃんが生まれるその日まで血糖値測定とインスリン投与を続けなければなりません

 

例えばカフェやレストランで友だちとランチ。

生まれたらバタバタでしばらくはランチなんて行けないですからね。出産までの残り少ない時間に外食でもして友だちとたくさん話したりしたいものです。

 

そういうときでも、血糖値測定キットとインスリンと針、アルコール消毒綿のセットが欠かせません。

 

お店に着いたらまずは食前の血糖値測定

もちろん、事前に友だちには妊娠糖尿病であることと食事の際にやるべきことを伝えてはいましたけど、実際に目にすると驚いていたようです。

 

そして料理が運ばれてきたら、食べる直前にインスリンをトイレで注射してこなくてはならないのです。

 

私の場合はインスリンを太ももに打っていたのですが、自分の家ならば誰の目も気にせずできます。でも、外のお店となると食事をする席でスカートをまくりあげてインスリンを打つなんてこともできないので、トイレでインスリンを打っていました。

あまり慣れていないのでアタフタと……。

 

そして2時間後にはまた血糖値測定
気持ち的にはゆっくりランチもしていられません。

 

もちろん、家にいるときも、毎食ごとにこの繰り返しですからね。

誰かと話すときには気丈に振る舞っていましたが、ひとりになるともう何もやる気が起きないほど精神的に疲弊していました。

 

この時期、妊娠10カ月に入り始めたころだったのでおなかが大きくて、週に一度の妊婦健診に行くだけでも動悸・息切れをするほど。

こういうときにも、やはり年齢による体力のなさを感じました……。

 

そして腰痛に膝痛、恥骨痛。夜中にも胎動が激しくなって痛くて眠れなくなったり、貧血になって産婦人科から鉄剤を処方されたり、後期つわりで気分が悪くて食欲が落ちたり……。

 

ただでさえ大変な妊娠後期。
この時期に妊娠糖尿病で常に血糖値に神経質になっていたのが本当につらかったんです……。
ストレスはどんどん蓄積されていきました……。

 

 

次回は、やっと陣痛を来るのですが……その前にトラブル発生!
まだしばらくこのお話にお付き合いください!

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師REIKO

著者

イラストレーター じゅの


2018年生まれの、自分と同じ誕生日の男の子の母。元グラフィックデザイナー。高齢出産、慢性腎臓病、妊娠糖尿病、そして出産間際にパニック発作を経験。インスタグラムにて育児絵日記・漫画を更新中。

 

 

 



この記事にいいね!しよう

いいね!
13

現在ログインしていません。

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。